Mac OS X

2020年6月27日 (土)

ffmpegでらじるらじる

我が家で受信できるNHK-FMの電波はマルチパスがひどく、人の音声のサ行が濁ったり、ピアノなどの音にフェージングがついたりする。ポップスだとフェージングは全然わからないのだが、クラシックやジャズなどの楽器の音がはっきりわかるものだと目立つ。

家から見て放送局と反対側に大きな建物があるので、マルチパスの主原因はこれだと思う。テレビがアナログの時代はゴーストがVHF帯でひどく、ゴーストリダクションチューナー付きのハードディスクレコーダーが必要だった。FMチューナーだとアキュフェーズの40万円のチューナーでも買ってこないとマルチパスリダクションは手に入らないので、チューナーでなんとかするのはお財布的に厳しい。

マルチパスなら前後比の大きい位相差給電式のアンテナだということで、2階の部屋のロフトの手摺にアンテナを設置してある。設置した当時(数年前)はたしかにマルチパスの影響は減ったのだが、2年ほど前からまた気になるようになった。たぶん放送局から家までの経路でビルなどができて反射の状況が変わったのだと思う。

FMアンテナの位置を1 mほどずらしたら、サ行の濁りやフェージングが少し減って聞きやすくなったので、今はこの位置で聞いているが、完全になくなったわけではない。

そこで、らじるらじるである。聞くだけならブラウザで再生すればいいのだが、メモリープレーヤーに転送したり、CD-RWに焼いて車で聞いたりしたい(車のオーディオが古くてMDか光学ディスクを使わないと音を持っていけない)ので、データで取りたい。

以下のサイトを参考にして、ffmpegで録音するようにした。ffmpegは、以前Macportsでgnumericをインストールしたときに入っていたのでこれを利用。
https://qiita.com/yuppejp/items/d0a49bb03be02c303e4d
https://riocampos-tech.hatenablog.com/entry/20170911/download_radiru_m3u8

上の方のサイトのシェルスクリプトをほぼ丸パクリで使わせてもらった(ただし第1や第2放送は聞かないので名古屋と大阪のFMを引数で選べるようにした)。

ターミナルでシェルスクリプトを直接実行すると問題なく動作した。

次にcrontabに書き込んでタイマー録音のテスト。ものぐさなのでCronniXを使って書き込み。crontabにはシェルスクリプトをフルパスで記述したので問題なく動くはず・・・なのだが録音されない。よく見ると、シェルスクリプトは実行されているのだが・・・ということはffmpegの呼び出しに問題が?

ffmpegはMacportsのものなので、/opt/local/binにインストールされている。ここにコマンドサーチパスを通すという手もあるのだが、今回は/usr/local/binにシンボリックリンクを置いてターミナルから簡単に使えるようにしていた。
ネットを検索すると、cronで実行するときは/bin, /sbin, /usr/binのコマンドは見るけど/usr/local/binは見ないとのこと。で、/usr/binにffmpegのシンボリックリンクを作るとcronでタイマー実行ができるようになった。

普段使っているHigh Sierraの入ったMBP13"(2009)でうまく行ったので、家族と共用のMBP15"(2017) Mojaveでも同じ設定をしようとしたら、こちらは/usr/binにシンボリックリンクを作れない。この症状は見覚えがあったので改めて検索すると、SierraだかHigh Sierraから導入されたシステム整合性保護(SIP)が働いているとのこと。そういえばMBP13"の方は、High Sierra patchを当てるためにSIPを解除してあったのだった。

MBP15"の方は、シェルスクリプト中のffmpegの呼出しをフルパスで行うことにして解決。

Mac本体はシステム環境設定の省エネルギーでスリープ解除のスケジュールをしておき、crontabの設定で自動タイマー録音ができる。設定したユーザでログインしていれば、画面表示がログイン画面であっても問題なく動作した。ひょっとしたらrootのcrontabに書いておけばログインしていなくても動作するかもしれないが、未確認。

| | コメント (0)

2020年6月13日 (土)

USB DACの音が変

これは前の話とは別の話。

前回のMacとは別のMacBook Pro 13" 2009にこれまた前回とは別機種のUSB DACをつないでいるのだが、ふと思い立ってUSB DACを2段につないだUSBハブの後段側(Macから遠いほう)につないでみた。

そうしたら、音がおかしくなった。まともな音にならない。流石にハブの2段接続は信号のタイミングがデタラメになってしまうのだろうか。

USBハブは1つずつ、MacのUSBポートに刺すことにした。これならUSB DACの出力もおかしくならない。

| | コメント (0)

2020年6月 6日 (土)

USB DACの出力音が途切れる

某USB DACをMacBook Pro 15" 2017につないでいるのだが、再生音が細切れになってしまう現象が起きた。昨日まではちゃんと使えていたのだが。


iTunesでもシステム環境設定のサウンドの警告音でも同様。Audacityに至っては音が出ない。ということで、アプリケーションのせいではない。

DACを外してつなぎ直してもだめ、再起動してもだめ、NVRAMをクリアしてもだめ。

MBPのUSBはType-Cコネクタ、DACの接続ケーブルはType-A—2.0 Type-B。Macとの接続のため、USBハブを介している。ということでハブを疑って、別のハブにつないだらちゃんと音が出るようになった。 

USBハブの接触不良を疑って、何回か抜き差ししたり、ハブの別のポートのHDDやマウスと入れ替えたりしたら元々つないでいたUSBでも問題なく音が出るようになった。USBコネクタの接触不良はよくあることなので、今回も接触不良だったのだろう。

| | コメント (0)

2020年2月21日 (金)

MojaveとAcrobat Reader

うちのmacOS 10.14 MojaveのAcrobat Reader DCが起動できなくなっていた。バージョンは2019年のどれか。

Adobeのサイトから最新版のインストーラをダウンロードしてインストールしたら起動できた。もともと入れてあったものはMojaveに対応していないバージョンだったのだろうか。High Sierraでは動いていたはずだが。

 

| | コメント (0)

2020年1月31日 (金)

macOS 10.13.6 Security Update 2020-001

macOS 10.13.6 Security Update 2020-001をHigh Sierra Patcherを当てたMacにインストールしたのだが、背景が黒の更新画面でプログレスバーが止まってしまった。一晩置いてもプログレスバーはそれ以上進まず、ディスクのアクセス音もしないので電源を強制切断。一応普通に起動し、OSのビルド番号も更新されているので、アップデートはできているように見える。

Patchを当てている環境なので、スムーズに行かなくても仕方がない。動くだけ良しとしよう。

| | コメント (0)

2019年11月16日 (土)

macOS Catalinaへのアップグレード

MacBook Pro 15" 2017はCatalinaにアップグレード可能なのだが、32bitアプリが動かないとか、Audacityが使えないとか色々不都合があるので、テスト用の外部HDDのMojaveをアップグレードしてみた。

AppStoreからCatalinaのインストーラをダウンロード。Mojaveは10.14.0はフルサイズのインストーラだったが、10.14.1ではダウンロード・インストールプログラムだけのインストーラがダウンロードされるようになっていたのだが、Catalinaは10.15.1もフルサイズのインストーラがダウンロードされた。これをいつものコマンドでUSBメモリに書き込んでインストール用起動USBメモリを作製。

USBメモリから起動してUSB接続の外部HDDへインストール。特に問題はなく終了。

MacBook内臓の起動ディスクのアップデートをどうするか思案中。2年間Mojaveで過ごしてから後継バージョンへ上げることも検討している。

| | コメント (0)

2019年10月26日 (土)

Bluetoothイヤホンのちょっとした問題

NAGAOKA BT807という安価なBluetoothイヤホンを使っているときの問題。

 

iTunesで再生しているとき、曲の出だしでデータが1回だけ0.5秒程度の音飛びが発生することがある。別のBluetoothレシーバで接続するときはそんなことはなく、この機種でのみ発生する。AAC接続。Audio MIDI設定で設定を見ると32ビット浮動小数点48kHz。Audio MIDI設定で様子を見てからiTunesを使ったら、なぜか音飛びが減った。全くなくなったわけではない。

 

Audacityで再生すると、プツプツと音が途切れる。常時そうなると言ってもいいくらいで、こちらはAudio MIDI設定を触ってからも変化はない。

 

SBCで接続したら変わるかと思ったのだが、Bluetooth ExplorerでDisable AACにチェックしたらMacと接続できなくなった。Enable AACにチェックを入れたら元通り接続できた。

| | コメント (0)

2019年10月19日 (土)

iTunesから消えるファイル

常用のmp3ファイルによるiTunesライブラリの他に、CDのバックアップのためにAppleLosslessでエンコードしたiTunesライブラリを外部ディスクに置いてある。原因はわからないのだが、このバックアップ用ライブラリから曲が無くなることがある。

ライブラリに楽曲は登録されているが、ファイルがゴミ箱に移動されてしまっている。自分で削除したということは、もちろんない。

バックアップ用ライブラリで頻繁に起こるので、ライブラリを作り直すことにした。

我が家にはPCが2台あり、双方でほぼ同じ環境を構築してある。もう1台のPCのCDバックアップ用ライブラリでは問題は起きていないので、問題のあるライブラリの内容を一旦全て削除し、無事なバックアップ用ライブラリ内のファイルを追加した。

さて、どうなるか。

| | コメント (0)

2019年9月28日 (土)

macOS 10.14.6追加アップデート、High Sierra Security Update 2019-005

%タイトル%をうちのMac達に当てた。

MacBook Pro 15" 2017は10.14.6の追加アップデートを当てたが、アップデート途中の黒い画面で短い棒で出来た輪(正式名称を知らないが)の回転がかなり遅くなってほぼ止まっている状態になっていた。これは以前にも見られた現象。電源を一旦切って再度入れたら、アップデートの続きが開始され、その後無事終了。

MacBook Pro 13" 2009はHigh SierranのSecurity Update。内蔵ディスクに対しては、アップデートのインストール最後に復旧パーティションのアップデートで失敗したと出る(これも以前に経験あり)。OKボタンを押してその後は正常に進み、ログイン後インストールし失敗したアップデートがあるのでインストールするかとmacOSが言っているので「インストール」を選択するが何かが起こっているようには見えない(これも以前同じことがあった)。

MBP 13" 2009の外部起動ディスクもアップデートを行った。こちらは黒い画面になってインストールまたは起動中の進捗バーが少し進んだところで止まっている。マウスポインタは動くのでフリーズはしていない。1自家ん放置していても変わりなかったので、こちらも強制再起動。インストールは終わっていたのか、そのままログイン画面まで進む(ということは、起動途中で止まっていたのか)。一応正常動作している模様。

最近、macOSのUpdateはWindows Update並にスリリングになったような気がする。

| | コメント (0)

2019年8月 3日 (土)

MacBook Pro 13" 2009のNVRAMリセット

うちのMacBook Pro 13" 2009は内蔵光学ドライブが故障したため取り外し、代わりにSSDを接続してUbuntuをインストールしてある。

Ubuntuを起動する頻度は月に1回あるかないかなのだが、macOSに戻したときに起動に異常に時間がかかったり(1時間以上)、ログイン画面で内蔵キーボードを認識しなかったりすることが高頻度である。そういうときはNVRAMをリセットするのだが、今回もやはり起動時間が異常でNVRAMをリセットした。

最近macOSで使っているときのレスポンスが悪く、起動も数分かかっていたのだが、NVRAMをクリアしたらレスポンスが速くなり、起動も1〜2分程度と速くなった。内蔵トラックパッドのクリックを認識しなかったのも直っている。

おかしいと思ったらNVRAMのリセットをすべきだな・・・。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧