音楽

2010年1月 2日 (土)

Transcend MP850

5年ぐらい使ったCOWON社のiAUDIO4が壊れてしまった。出張や通勤の友として使ってきたのだけど、ヘッドホン端子の接触が悪くなってしまった。基板から端子が外れたのだろうと思って分解したら案の定で、一応はんだ付けしてみたのだけど元の強度には遠く及ばず数回使用しただけでハンダが取れてしまう。

何度かはんだ付けしているうちに近所の回路の端子も余計にはんだ付けしてしまったようで、REWボタンを押すと押しっぱなしの状態になってしまうようになってしまった (^^;) 挙句に組み立て時に再生ボタンのスイッチを壊してしまった。REWボタンのスイッチと入れ替えるという手もあるのだけど、老眼で基板が良く見えないからかなり無謀だと思う (^^;)

ということで、修理は諦めてたまたま店頭で見つけたTranscendのMP850というプレーヤーを買ってみた。

まだあまり良く聞き込んでいないけど、音質は一応許せる範囲。iAUDIO4の方が良かったかも。iAUDIO4にはMP3で劣化した音を補正するBBEがあったけど、こちらにはなくて残念。

イコライザーを自由に設定できるのがユーザー1つだけで、その他のプリセットをいじれないのが物足りない。どういう設定なのかも見られないようだ。iAUDIO4は何個かジャンル名のついたプリセットがあるのだけど、すべて自分の好みに変更して保存できた。

iAUDIO4では手持ちの複数のヘッドホンに対応したイコライザー設定をして使い分けていたけど、MP850ではプリセットとユーザ設定だけでなんとかしのがないといけないかな。

MP850では音質上に重大な問題があって、サンプリング周波数44.1kHz以外の音源でイコライザーを使うと、キュルキュルいう感じのノイズが乗ってくる。FM放送から録音した音楽は、たいてい32kHzで取り込んでいるので困ってしまう。バスや電車の中で聞くなら多分気にならないとは思うけど。iAUDIO4では無かったことなので驚いた。

USB IFがiAUDIO4のUSB 1.1からUSB 2.0になったので転送速度は上がっているのだけど、フラッシュへの書き込みが遅いのか劇的に早くなったという感じはしない。とは言っても、前は500 MBの転送に20分以上かかっていたのが、今度は850 MBで5分以下なので、10倍近く速くなっているようではある。

電池はiAUDIO4の単4から内蔵のリチウムイオン電池になってしまい、バッテリーが切れたら交換ということはできなくなった。電池のもちはiAUDIO4に1000 mAhのニッケル水素電池を使って4〜5時間程度、今度のMP850は22時間(カタログ値)なので、2、3日の出張なら充電は考えなくても良さそう。ただし、充電はUSBからなのが微妙に不便な気がする。MacBook Proはスリープ時にもUSBからは給電されているので(Windowsごとにポートごとにオンオフの設定はできないのかな?)、家にいる時はその状態で充電すればいいけど、外出時はたいていはパソコンは持っていかないので困るかも。

ACアダプタ付きのUSBハブがあるので、これを使って充電できるかも。今度試してみよう。

付属のヘッドホンは高音が歪っぽく、低音が不足している。明らかにiAUDIO4の付属品の方が音が良かった。手持ちのMDR-E888、MDR-EX70、MDR-ED238なんかをつないでみたけど、iAUDIO4がややマッシブな感じの音だったのに対し、MP850はやや低密度な感じがするなあ (^^;) 曲によってはなんだかレベルが安定しないような気がする。もう少し聞き込んでみないとわからないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)