« 2020年9月 | トップページ | 2020年12月 »

2020年10月

2020年10月25日 (日)

MRTの暴走

ここ数日、MacBook Pro 13" (2009)のファンが全力で回転しっぱなしになっている。アクティビティモニタを見るとMRTというプロセスのCPU利用率が200%とかすごいことになっている。ただし、他のプログラムが動き始めるとMRTの使用率は下がるので、動作が遅くなるという感じはあまりしない。ただし、本体の発熱もすごいし、ファンの音もうるさいので、調べて対策を講じた。

2020/10/20にAppleがMRTのバージョン1.68をリリースしたらしいのだが、そのタイミングでいろいろな環境でMRTのCPU使用率が異常に高くなっているらしい。うちのMBP 13"(2009) High SierraとMBP 15"(2017) Mojaveも同様。MBP 15"の方はそれほど発熱やCPUファンの動作はひどくないのだが、アクティビティモニタを見ると使用率が高い。

対策は、TimeMachineでバックアップされた前のバージョン1.67への入れ換え。

手順

  1. Command + Rを押しながらMacをリカバリモードで起動する
    1. ターミナルで csrutil disable を実行(システムの保護の無効化)
    2. 再起動する
  2. 普通に起動してログインし、ターミナルを起動する
    1. sudo launchctl unload /System/Library/LaunchDaemons/com.apple.MRTd.plist を実行しMRTを止める
      1. Macの初期設定ではルートユーザが無効のためsudoを使えないらしいので、以下の手順で有効化しておく
      2. /システム/ライブラリ/CoreServices/Applicationsにあるディレクトリユーティリティーを起動
      3. 編集メニューの「ルートユーザを有効にする」を実行、「ルートユーザ用のパスワード設定」も行う(sudoを実行するときのパスワード)
  3. アクティビティモニタでMRTが止まっているのを確認し、MRT.appをTimeMachineのバックアップからコピーする
    1. コピー元:2020/10/19以前のバックアップ
    2. MRT.appのパス:/システム/ライブラリ/CoreServices
    3. コピーするときには管理者のパスワードが要求される
  4. リカバリーモードで起動し、ターミナルで csrutil enable を実行(システムの保護の有効化)、再起動
  5. 再起動・ログイン後しばらくはMRTのCPU使用率が高いが、数分で落ち着きMRTは終了する

 

MBP 13" 2009のメンテナンス用外部ディスク(月に1回ぐらい使う)はMRT.app 1.66だったが、このディスクで起動してしばらくおいていたら1.67に上がっていた。1.68になっていないのは、1.68に問題があることをAppleが認識しているということだろうか。

| | コメント (0)

2020年10月10日 (土)

OneDriveが起動しない

Windows 10でOneDriveが起動しないPCがあったので調べてみたら、グループポリシーでOneDriveを使用しないことになっていた。

ローカルグループポリシーエディターを起動
コンピューターの構成→管理用テンプレート→Windowsコンポーネント→OneDrive→「OneDriveをファイル記憶域として使用できないようにする」を「有効」→「未構成」に変更(ちゃんと動くPCでは未構成だったので)

OneDriveをスタートメニューから実行できた。

| | コメント (0)

2020年10月 4日 (日)

Windows 10 1909でBluetoothデバイスのペアリング

MacBook Air 11" 2011にBootCampでインストールしてあるWindows 10(7→10へのアップグレード)で、Bluetoothの新規デバイスのペアリングに苦労した話。

タスクバーの通知領域のBluetoothアイコンからデバイスの追加、または設定のデバイスからデバイスの追加を選び、Apple Magic Mouseの電源を入れてペアリングを待つも、何も起こらないか、PINコードの入力後何も起こらないかの2パターンでペアリングできない。Bluetoothのヘッドセットをつなごうとしても反応がない。

ネット上ではBluetoothをオンにしろ、Bluetoothのドライバを入れなおせとか書いてあるのだが、これらは効果なかった。

検索ワードを色々変えて調べてたどり着いたのが、「デバイスとプリンター」からの「デバイスの追加」。コントロールパネルから開いてもいいし、設定→デバイスから開いてもいい。

「デバイスとプリンター」で「デバイスの追加」をクリックし、Bluetooth機器をペアリング状態にすると、パネル内の機器リストにデバイスが表示されるので、それを選んで「次へ」をクリック。これで何の問題もなく使えるようになった。

Windows 7時代のインターフェースはちゃんとできているのに、Windows 10ように作られたインターフェースは機能不全、なのだろうか。

| | コメント (0)

« 2020年9月 | トップページ | 2020年12月 »