« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年8月

2020年8月30日 (日)

突然NASが見えなくなった

仕事をしていたら、別室のNASにアクセスできなくなってしまった。気がついたのは終業時刻を少し過ぎた頃。定時退社日だったので、NASの管理人も含めてそのNASの利用者は帰宅した後だった。

NASそのものはエラーもなく動いている様子。NASがつながっているハブにPCを接続すると、ネットワークに接続できない。ハブには6本ほどLANケーブルがつながっているが、LEDの点滅の仕方がなにか不自然。ハブの電源を入れ直しても改善しない。よく見ると、ループ検知のLEDが時々点灯する。LANケーブルを追ってみてもループにはなっていない。ハブにつながったLANケーブルが引っ張られて力がかかっているのが気に入らなかったので、整理して差し直したら正常に動作するようになった。コネクタに力がかかっていたので壊れかけているケーブルがあるのかもしれない。1ヶ月後には環境が再構築されるので、とりあえず今回はこれで良しとしておく。

| | コメント (0)

2020年8月23日 (日)

Windows 10でノートPC内蔵JISキーボードと外付け英語キーボードの同時使用

JISキーボードの内蔵キーボードを持つノートPCに外付け英語キーボードをつないでいる人がいた。こんなちぐはぐな組み合わせになったのは、外付けキーボードの仕様をよく見ないで買ったためらしい。

それはともかく、使用者としてはどちらのキーボードもキーの刻印通りの文字入力になって欲しいのだが、Windowsの仕様上普通に設定するとどちらも同じキーボード配列になってしまう。つまり、両方ともJIS、または両方とも英語になる。

ネットを検索すると同じような事例はいくつも見つかった。いろいろ試して、最終的には次のサイトのやり方で設定できた。これは1909での記事だが、今回のノートの1903でも有効だった。

https://note.com/poina417/n/n5a4f4169210d

このページで説明されている手順をおさらいしておく。

1. 設定→時刻と言語→言語→日本語をクリックして「オプション」→ハードウエアキーボードレイアウトを英語キーボード(101/102キー)に設定

2. レジストリエディタを起動
¥HKEY_LOCAL_MACHINE¥SYSTEM¥CurrentControlSet¥Services¥i8042prt¥Parameters を開く
OverrideKeyboardSubtype、OverrideKeyboardTypeがもし存在していれば削除する

3. デバイスマネージャーから内蔵キーボードを見つける。今回のノートはなぜかキーボードのところに「HID キーボード デバイス」が5つ並んでいて(うち一つは外付けキーボードなので外せば消えたが)、一見見分けがつかない。たぶん仮想キーボードがあるのだろうと思う。一つ一つプロパティを見て、「電源」タブのあるのが物理デバイスに対応していると判断して、「詳細」タブからデバイスインスタンスパスを確認。

¥HKEY_LOCAL_MACHINE¥SYSTEM¥CurrentControlSet¥デバイスインスタンスパス¥Device Parameters を開く
OverrideKeyboardSubtypeキーがなければ作成し(32bit)、値を2にする
OverrideKeyboardTypeキーがなければ作成し(32bit)、値を7にする

4. 再起動すれば内蔵がJIS、外付けが英語キーボードとして動作する。

これは、Windowsのシステムとしては101英語キーボードとして設定し、個別に内蔵キーボードだけJISキーボードに設定している。多分、他の外付けキーボードをつなげば、それらはすべて英語キーボード扱いになる。

たとえば、設定のハードウエアキーボードレイアウトは日本語キーボードにしておき、外付けキーボードのデバイスインスタンスパスを見つけてOverrideKeyboardSubtypeキーを0、OverrideKeyboardTypeキーを7に設定すれば、今回英語キーボードとして使いたい外付けキーボードは英語配列となり、他の日本語配列の外付けキーボードをつないだときは日本語キーボードとなるのだろうと思う。他人のノートPCだったので試してはいない。本体内蔵のキーボードがJISなのだから、こちらのほうがいいような気がするのだが。

| | コメント (0)

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »