« Microsoft Edgeを入れたら、ウイルスバスターなど色々消えた、らしい・・・ | トップページ | 4GB以上のaiffファイル »

2020年7月18日 (土)

バックアップソフトのアップデートで消えたファイル

Windows 10でOffice 365のWord, Excel, PowerPointなどが起動しなくなったというPCに遭遇した。スタートメニューからアイコンを選択してもこれらのアプリケーションが起動しない。管理者として実行すれば起動する。

別のユーザーでサインインしても同様なので、Officeに問題があると判断。

設定のアプリでMicrosoft Office 365を変更しようとすると、Program Files\CommonFiles\Microsoft Shared\ClickToRunにあるファイルが見当たらないというエラーが出る。実際にファイルを見に行くと、ClickToRunフォルダがない。バックアップソフトの更新時に消えてしまったのだろう(理由はわからないが)。ついでだが、Microsoft Sharedには色々なフォルダがあるはずだが、ほぼ空っぽになっていた。Office 365以外にも障害が出ていそうな気がする (^^;)

コントロールパネルのアプリケーションと機能にあるMicrosoft Office 365で変更→クイック修復を実行できた。修復の結果、Officeが普通に起動できるようになった。

このバックアップソフトを使っている他の人たちでは問題はなかったそうなので、この人固有の問題があったのかも?

|

« Microsoft Edgeを入れたら、ウイルスバスターなど色々消えた、らしい・・・ | トップページ | 4GB以上のaiffファイル »

Windows」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Microsoft Edgeを入れたら、ウイルスバスターなど色々消えた、らしい・・・ | トップページ | 4GB以上のaiffファイル »