« Windows 10 5月の更新 | トップページ | Windows 10 1803から1809へのアップデート »

2019年6月15日 (土)

Windows 10のタスク・スケジューラでVB Scriptの実行

タスク・スケジューラにバッチファイルを登録して定期実行している。これはちゃんと動いているのだが、バッチファイル実行時に開いたコマンドプロンプトにフォーカスを持っていかれるようで、IMEに入力中の文字がそのままアプリケーションに渡されてしまったりして煩わしい。

そこでVB Scriptでバッチファイルを最小化で実行するようなスクリプトを書いてタスクスケジューラに登録した。Windows 7のときは拡張子がvbsのスクリプトを直接指定しても大なく実行できたが、Windows 10では問題があるようなので、次の設定にした。

プログラム:Wscript.exe
引数の追加(オプション):VB Scriptファイル
開始(オプション):VB Scriptファイルの保存パス

この設定だと、入力中のウインドウから他のウインドウにフォーカスを取られることがないようだ。

|

« Windows 10 5月の更新 | トップページ | Windows 10 1803から1809へのアップデート »

Windows」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Windows 10 5月の更新 | トップページ | Windows 10 1803から1809へのアップデート »