« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月

2019年6月29日 (土)

Superfetch → SysMain

Windows 10 1809にしたら、SuperfetchサービスがSysMainという名前に変わっていた。機能は一緒らしいのだが。

| | コメント (0)

2019年6月24日 (月)

Windows 10 1803から1809へのアップデート

Windows 10 1803から1809へのアップデートは思いの外トラブルなく済んだ。時間はいささかかかるが。

| | コメント (0)

2019年6月15日 (土)

Windows 10のタスク・スケジューラでVB Scriptの実行

タスク・スケジューラにバッチファイルを登録して定期実行している。これはちゃんと動いているのだが、バッチファイル実行時に開いたコマンドプロンプトにフォーカスを持っていかれるようで、IMEに入力中の文字がそのままアプリケーションに渡されてしまったりして煩わしい。

そこでVB Scriptでバッチファイルを最小化で実行するようなスクリプトを書いてタスクスケジューラに登録した。Windows 7のときは拡張子がvbsのスクリプトを直接指定しても大なく実行できたが、Windows 10では問題があるようなので、次の設定にした。

プログラム:Wscript.exe
引数の追加(オプション):VB Scriptファイル
開始(オプション):VB Scriptファイルの保存パス

この設定だと、入力中のウインドウから他のウインドウにフォーカスを取られることがないようだ。

| | コメント (0)

2019年6月 8日 (土)

Windows 10 5月の更新

5月の更新でも手持ちのPCが累積的更新のダウンロードがいつまで経っても100%にならなかったので、スタンドアロンインストーラをダウンロードしてインストールした。

念の為管理者権限で起動したコマンドプロンプトでシステムの整合性のチェックをした。

DISM.EXE /online /cleanup-image /restorehealth

sfc /scannow

問題のある3台中2台はエラーなし、1台はシステムファイルチェッカーで問題が見つかり修復された。

6月の更新でも同様だったら、次のコマンドでWindows Updateデータベースを修復する予定。

net stop usosvc
net stop dosvc
net stop wuauserv
net stop bits
net stop cryptsvc
ren C:\Windows\SoftwareDistribution SoftwareDistribution.old
ren C:\Windows\System32\catroot2 Catroot2.old
del %ALLUSERSPROFILE%\Microsoft\Network\Downloader\qmgr0.dat
del %ALLUSERSPROFILE%\Microsoft\Network\Downloader\qmgr1.dat
net start cryptsvc
net start bits
net start wuauserv
net start dosvc
net start usosvc

| | コメント (0)

2019年6月 1日 (土)

WindowsのGoogle日本語入力でDvorak配列の使用

Windows XP時代は、窓使いの憂鬱というソフトでキー配列をDvorak化し、Google日本語入力を使っていた。

Windows 7に移行したとき窓使いの憂鬱が使えなくなったので、次のようにして使っていた。
デスクトップPC:104配列英語キーボード+レジストリでDvorak配列指定(ショートカットキーの変更に鍵盤の執事くんを併用)、Microsoft Office IME 2010
ノートPC:内蔵日本語配列キーボード+DvorakJP、Google日本語入力
レジストリで日本語環境でもDvorak配列を参照させていても、Google日本語入力でローマ字入力するときはQWERTY配列になっていたため、泣く泣くMicrosoft Office IME 2010を使っていた。

自分が使っているWindows 10機は全てWindows 7からのアップグレードだが、アップグレードの際にGoogle日本語入力を一旦アンインストールし、その後インストールせずに使っていた。
結局Microsoft IMEのバカさ加減が嫌になってGoogle日本語入力を使おうとしたら、Windows 7とは様子が違っていた。

デスクトップPC:104配列英語キーボード+レジストリでDvorak配列指定(ショートカットキーの変更に鍵盤の執事くんを併用)、Google日本語入力
ノートPC:内蔵日本語配列キーボード+DvorakJP、Microsoft IME

Windows 10ではWindows 7とは対応関係が逆になっている。ノートPCでDvorakJPを使っているときに、Google日本語入力はQWERTY配列になっている。OSが変わってキー入力の扱いも変わったのだと思うが、逆になるとは。

| | コメント (0)

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »