« ThinkPad X230のSSDを128GBから256GBへ | トップページ | MacBook Pro 13" 2009でMojaveは無理っぽい »

2018年12月 8日 (土)

macOS 10.14 Mojaveでローカルスナップショットにエラー

macOS 10.14.1 MojaveをMacBook Pro 15" 2017で使っているが、TimeMachine用のUSB HDD使用時にトラブルが多く、ハングアップして電源を強制切断することもある。そのためか、ディスクユーティリティーのDiskFirstAidを実行するとエラーが報告されるようになった。このエラーが出ると、DiskFirstAidの実行に恐ろしく時間がかかる(30分以上?)のも厄介。

よく見ると、TimeMachineのローカルスナップショットにorphan dstreamというものがある。目次に紐づけられていないデータがあるようだ。エラーが出るのは一番古いスナップショットで、しばらく放置しておけば新しいものと入れ替わるのではないかと思うのだが、手動で削除した。

ターミナルを起動し、

tmutil listlocalsnapshots /

でスナップショットを確認。スナップショットの名前の後ろの方がスナップショットの時刻の模様。

sudo tmutil deletelocalsnapshots yyyy-mm-dd-hmmss

と、保存されたスナップショットの時刻を指定して削除。

エラーが出た最初の物だけ削除したが、まだ若干問題があったようなのですべてのローカルスナップショットを削除した。
その後DiskFirstAidでエラーは出ていない。早く終わるようになったし、TimeMachineでのバックアップも早く終わるようになった。

|

« ThinkPad X230のSSDを128GBから256GBへ | トップページ | MacBook Pro 13" 2009でMojaveは無理っぽい »

Mac OS X」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: macOS 10.14 Mojaveでローカルスナップショットにエラー:

« ThinkPad X230のSSDを128GBから256GBへ | トップページ | MacBook Pro 13" 2009でMojaveは無理っぽい »