« macOS Mojave | トップページ | Notes FP »

2018年10月20日 (土)

古い本体に最新OSを使っているときのハードウェアアクセラレーション

本来サポート外の本体にパッチをあてて最新OSを入れているのだが、Webブラウザのハードウェアアクセラレーションが有効だと動作が怪しい。
なんとなくというレベルだが、ブラウザで動画を見たあとにシステム修了時に電源が切れないということが起こる。
ということで、Firefox, Google Chrome, Operaのハードウェアアクセラレーションをオフにしている。
Safariは環境設定に該当の項目がないので、Onyxを使ってDebugメニューを表示させ、Drawing/Compositing FlagsのDisable Canvas Accelarated DrawingとDisable Full Page Accelarated Drawingにチェックを入れている。
Disable Accelerated Compositingはチェックを入れると何も表示されなくなったので、チェックを外した。

|

« macOS Mojave | トップページ | Notes FP »

Mac OS X」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古い本体に最新OSを使っているときのハードウェアアクセラレーション:

« macOS Mojave | トップページ | Notes FP »