« RAM 4GBでWindows 10 | トップページ | グラフィックボードの掃除 »

2018年9月 8日 (土)

8月のWindowsの更新でのトラブル

8月のWindowsの更新で、自分の周りで微妙なトラブルが発生している。

比較的軽微なもの
直接管理している4台のWindows 10 Pro 1709 64bitマシンのうち2台でWin 10 1709の8月の累積的更新がダウンロードが100%になってもKB4343897のインストールが始まらない。
Microsoftからスタンドアローンインストーラをダウンロードし、管理者権限のコマンドプロンプトでnet stop wuauservを実行してWindows Updateのサービスを止めてからインストール。サービスの停止は1回目は失敗し、もう一度コマンドを実行した。その後のインストールは問題なく進んだ。

自爆系
同僚がやってしまったもの。Win 7 Pro 64bitで、更新のインストールは済んだがその後の再起動での更新が十数分かかったのに業を煮やして電源を強制切断したら、Windowsがちゃんと立ち上がらなくなったというもの。
PCの電源を入れると、Windowsアイコンの点滅画面がしばらく続き、自動的に再起動して「正常起動できなかったので修復か通常起動の選択」の画面となる。ここで通常起動を選択すると起動しようとして再起動して、ふたたび修復の選択画面となる。
いままで成功した例はないのだが修復を選択して放置。結果は「修復できませんでした」。その後の選択枝は電源断のみ。電源が切れた後、再度電源を投入したらWindowsが正常に起動した。
ログオンしてWindowsの更新を実施。今回は問題なくインストール完了。

|

« RAM 4GBでWindows 10 | トップページ | グラフィックボードの掃除 »

Windows」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 8月のWindowsの更新でのトラブル:

« RAM 4GBでWindows 10 | トップページ | グラフィックボードの掃除 »