« Internet Explorer 11でWebページのパーツが一部表示されない | トップページ | PowerPoint 2013で数式でクラッシュ »

2018年2月17日 (土)

LibreOffice 6.0.0 Mac版

macOS 10.13.3にLibreOffice 6.0.0をインストールした。文書を開こうとするとLibreOfficeがクラッシュしてしまうようになった。
「予期しないエラーが発生し、LibreOfficeがクラッシュしました。...」と表示され、OKボタンをクリックすると文書の回復画面となり、回復が終了するとクラッシュの繰り返しとなる。

原因はLibreOfficeメニューの設定の表示の「すべてのレンダリングにOpenGLを使用する」にチェックを入れたため。

対処方法は、文書の回復画面でLibreOfficeメニューの設定を開き、表示の「すべてのレンダリングにOpenGLを使用する」のチェックを外すこと。

5.4のときはこのチェックを入れてあっても問題はなかったと思うのだけど。

|

« Internet Explorer 11でWebページのパーツが一部表示されない | トップページ | PowerPoint 2013で数式でクラッシュ »

Mac OS X」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LibreOffice 6.0.0 Mac版:

« Internet Explorer 11でWebページのパーツが一部表示されない | トップページ | PowerPoint 2013で数式でクラッシュ »