« El Capitanから移行したSierraでショートカットキーがおかしい | トップページ | 起動時にブルースクリーン »

2017年11月11日 (土)

Microsoft IME 2010の学習情報がおかしかったみたい

Microsoft Officeが起動時に時々固まることがあり、IMEの学習情報をリセットして少し改善されていたのだが、頻度は下がったものの起動時にフリーズすることは完全には解消されていない。また、「、」の変換候補が「,」や「,」が上位に来るのが直らなくなってしまった。

IMEの学習情報をリセットしても再発する。そこで、学習情報ファイルを削除することにした。

Microsoft IME 2010の学習情報は次のパスにある。
C:¥Users¥自分のアカウント¥AppData¥Local¥Microsoft¥IME14¥IMEJP¥Cache
imjp14cache.dat, imjp14cache.dat.back, imjp14up.datの3つがある。最初のファイルが学習情報、次のが多分そのバックアップ、最後のファイルが予測変換の記録ファイル。

ファイルの更新日時は、学習情報が以前IME2010の設定パネルからリセットをかけた当たりの日付、バックアップは何故か1年ぐらい前、予測変換は1か月くらい前(何かしただろうか?)になっていた。

これらを別のフォルダに移動してログオフ/ログオンする。しばらく使っているとこれらのファイルが自動で作成された。バックアップファイルも随時更新されていくので、どうもこのあたりが異常の原因だったような感じがする。

その後数週間使っているが、変換の異常もOfficeが起動時に固まることも起こらない。

|

« El Capitanから移行したSierraでショートカットキーがおかしい | トップページ | 起動時にブルースクリーン »

Windows」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Microsoft IME 2010の学習情報がおかしかったみたい:

« El Capitanから移行したSierraでショートカットキーがおかしい | トップページ | 起動時にブルースクリーン »