« 起動時にブルースクリーン | トップページ | NVRAMのリセット »

2017年11月25日 (土)

lameの変換速度が遅くなった

ICレコーダで録音したラジオ番組を、ターミナルでlameコマンドを使ってmp3に変換することをよく行う。lameはiTunes-LAME内にあるものをAltivec/SSE最適化版に入れ替えてあり、こいつのシンボリックリンクを/usr/local/bin/に置いてある。ターミナルのパスは/usr/local/bin/に通っているので(自分で設定したかもしれない)、他のコマンドと同じように普通に使える。

このSSE最適化版はかなり速くて、Core 2 Duo 2.26 GHzのMBP 13" 2009で35〜40倍の変換速度になる。公式サイトで配布されているlameだと25倍ぐらいなので、1.5倍程度速い。

それが、いつの頃からかターミナルからの実行が公式並の速度になってしまった。

原因はMacportsのffmpegがlameをインストールし、コマンド検索パスに/opt/local/bin/が先頭にあるためSSE最適化版が使われなくなったため。

~/.bash_profileを編集して/usr/local/bin/を検索パスの先頭にした。

だが、Macportsのインストーラが毎回/opt/local/bin/をパスの先頭に加えるので、Macportsのインストーラを使うたびにパスを直さないといけない。Macportsの公式では、OSをアップデートしたら一旦全てアンインストールし、新OS対応のMacportsのインストールからやり直すのを推奨していたようなきがするのだが、面倒だからやめようかな。

|

« 起動時にブルースクリーン | トップページ | NVRAMのリセット »

LAME」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: lameの変換速度が遅くなった:

« 起動時にブルースクリーン | トップページ | NVRAMのリセット »