« Ubuntu Studio 16.10を17.04へアップグレード | トップページ | 源真ゴシックは遅くない »

2017年6月24日 (土)

MacType_patch

Windows XP時代からMacTypeを使っていて、Windows 7でOffice 2013にした時にWordなどの表示を改善するためにMacType_patchを導入、その後MacTypeにこのパッチが反映されたのでMacType_patchは使っていなかった。

MacType_patchを取り込んだMacTypeを使ってWord 2013での文字表示は初期状態よりはかなり良くなったが、まだまだ残念な感じが強かった。

MacType_patchを併用するとDirectWriteやDirect2Dの設定を個別にMacTypeより細かく指定できるのに気がついたので、今回併用してみた。

結果、Word 2013での文字表示がかなり改善された。効いているのはヒンティングの強制オフとEnhanceContrast=200としたことか。

|

« Ubuntu Studio 16.10を17.04へアップグレード | トップページ | 源真ゴシックは遅くない »

Windows」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MacType_patch:

« Ubuntu Studio 16.10を17.04へアップグレード | トップページ | 源真ゴシックは遅くない »