« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

2017年6月24日 (土)

MacType_patch

Windows XP時代からMacTypeを使っていて、Windows 7でOffice 2013にした時にWordなどの表示を改善するためにMacType_patchを導入、その後MacTypeにこのパッチが反映されたのでMacType_patchは使っていなかった。

MacType_patchを取り込んだMacTypeを使ってWord 2013での文字表示は初期状態よりはかなり良くなったが、まだまだ残念な感じが強かった。

MacType_patchを併用するとDirectWriteやDirect2Dの設定を個別にMacTypeより細かく指定できるのに気がついたので、今回併用してみた。

結果、Word 2013での文字表示がかなり改善された。効いているのはヒンティングの強制オフとEnhanceContrast=200としたことか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月17日 (土)

Ubuntu Studio 16.10を17.04へアップグレード

メニューのシステム→ソフトウエアの更新を実行し、16.10の更新が終わると17.04へのアップグレードを確認されるようになった。しばらく放置していたが、そろそろ良いかと思って更新した。

更新の所要時間は45分ぐらいだったろうか(途中で離れてしまったのでよくわからないが)。

アップグレード時に無線LANは危険だという話を見ていたので、有線接続で実施。特に問題は生じないでアップグレードできた。

うちのMacは普段はOS Xのディスクから起動する設定だったのが、アップグレード後はREFINDから起動する設定になっていた。起動時にoptionキーを押して起動ディスクをOS Xにして起動し、コントロールパネルの起動ディスクでOS Xのディスクを指定し直した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月10日 (土)

Excel 2013が遅い

4月のOffice系の更新をあててから、Excel 2013が著しく遅くなったようだ。Excelのオプションで動きが速くなるとされている項目を設定しても変わらない。

シート間の参照を含む100行25列のセルがある4枚のシートがあるブックで作業すると、画面のスクロールやシートの切替などが使えないほどレスポンスが悪くなる。数十秒間、Excelが論理コアひとつ分の能力を使っている。

仕方がないので、別のPCのExcel 2010をリモートデスクトップ接続で使う。

式があまり入っていない、画面内にすべて収まるような小さいワークシートならストレス無く使えるのだが(それでも動きはもたついている)。つか、そんな小さなワークシートなんて役に立たんぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 3日 (土)

Fira Code Font

Fira Code Font はプログラミング向けの英字等幅フォント。公開ページを見るとわかるが、合字(Ligature)機能で -> や <- を→や←のように表示できたり、!= を ≠ と表示したりできる。

エディタによっては合字をサポートしていないので、こうした変換が起きないものもある。

こいつをOS Xでエディタのフォントに指定すると、Fira Codeにない日本語の部分は勝手に別の日本語フォントが使われるので困ることはないが、Windowsでは日本語部分が表示されない。

自分が使っているWindows 7ではWindowsのフォントリンク機能で日本語部分を組み合わせた。MS ゴシックやNoto Sans CJK JPやメイリオやMigu 2Mなどのフォントを試したけど、MeiryoKe_Gothicが一番いい感じに表示された。

設定方法はレジストリエディタで
\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\FontLink\SystemLink
を開き、右ペインで右ボタンクリックして 新規(N)→展開可能な文字列(E)として新しい項目を作成し、名前を「Fira Code」、ダブクリックして値のデータを「MEIRYOKE_602R1.TTC,MeiryoKe_Gothic」とした。

Fira Codeを指定した時に、日本語部分のMacTypeの効き方がいまいちだったので、iniファイルを次のように変更した。
HintingMode=3→1
FontLoader=0→1
FontLink=1
[Fontlink]
Fira Code=MeiryoKe_Gothic

それでもソフトによっては文字間隔がおかしくなるものがあったりする(例えばIBM Notes 9)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »