« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

2017年5月27日 (土)

Windows 7 Noto Serif/Sans CJK JPの表示が遅い

Windows 7でNoto Serif CJK JPやNoto Sans CJK JPの文字表示が遅い。

MacTypeを使っているせいかもしれないが、IBM Notes 9の表示フォントをNoto Sans CJK JPに変えたら、Notesの文字表示が遅くなってしまった。

結局、遅さがストレスになるので元のフォント設定に戻した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月20日 (土)

UbuntuでDvorak配列

UbuntuでDvorak配列を使うのが随分簡単になっていた。

12.04あたりだと何かの設定ファイルをいじった覚えがあったが、16.10では設定マネージャーのキーボードでDvorak配列を選ぶだけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月13日 (土)

UbuntuにWine

MacBook ProにUbuntu Studio 16.10 64bit版を入れてあるが、ソフトウェアセンターからWineをインストールしても、ホームにwineフォルダができず、当然Windowsのプログラムも実行できず、ちゃんとインストールされない。

少しググると、64bit環境ではWineが素直に動かないとかなんとか。

WINEHQのサイトを見に行くと、Wine 2.xを32bitアーキテクチャーを有効にしてからインストールする手順が記されているので、その通りにインストールする。

昔32bitのUbuntuにソフトウェアセンター(当時そういう名前だったかどうか定かではないが)からインストールしたときは、GUIでWinecfgを実行できたような気もするけど、今回はターミナルエミュレータからの実行。Winetricksもホームにダウンロードされてしまったので、後で/opt/wine/bin/あたりにターミナルエミュレータで移動しておこう。

ともかく、Wineをインストールして、WinecfgでWindows環境のメニュー等のフォントを設定したらWindowsアプリケーションが動くようになった。動かしたいのはクラリスワークス4.0だけだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 6日 (土)

Ubuntuでhomeの移動

Ubuntuのセットアップ時に、/とは別のパーティションを/homeとしてマウントする設定にした。

Ubuntuの入った外付けドライブを内蔵化したせいか、いつの間にか/homeが/と同じパーティションになっていた。もともとのパーティションの内容は古いまま。

こちらのサイトを参考に、本来設定していた/home用パーティションを/homeとしてマウントし直すこととした。その作業記録。

環境はMacBook Pro 13" 2009とUbuntu Studio 16.10。

  1. Ubuntu Studioのインストール時に作成したインストール用USBメモリから起動。USBメモリからの起動は高速だが、うっかりDVDから起動したりすると、十分前後かかったりする
  2. インストールせずにUbuntuを試す(と英語で書かれている)を選択
  3. デスクトップにたどり着いたら、ターミナルエミュレータを起動
    1. /のあるパーティションと/home用のパーティションのためのマウントポイントを作る。
      1. sudo mkdir rtpart hmpart
    2. パーティションをマウントする。ディスクのデバイス名は、メニューのアクセサリにあるGpartedを起動して確認しておく
      1. sudo mount /dev/sdb4 rtpart
      2. sudo mount /dev/sdb5 hmpart
    3. 今使っているhomeにある自分のアカウントを本来のhomeのパーティションへコピー
      1. sudo cp -a rtpart/home/自分のユーザ名 /hmpart/自分のユーザ名
    4. 今使っているhomeをディレクトリをバックアップフォルダへ移動し、新しくマウントポイントを作る
      1. cd old
      2. sudo mkdir home.bak
      3. sudo mv home home.bak
      4. sudo mkdir home
      5. cd
    5. /home用のパーティションのUUIDを確認する
      1. Gpartedで該当パーティションを選択
      2. マウスの右ボタンクリックのメニューから「Information」
      3. UUIDの文字列を選択しコピー
    6. /homeのマウント場所を/etc/fstabに書き込むのだが、Ubuntu Studio 16.10に入っているエディタは先のページのものとは違うので以下のようにした
      1. sudo nano /rtpart/etc/fstab
      2. 立ち上がったテキストエディタに
        UUID=確認したUUID /home ext4 nofail 0 1
        という行を追加する
      3. control + Oで保存、control + Xでnanoを終了
  4. Ubuntuを再起動

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »