« Safari 10/El CapitanのuBlockが機能していなかった | トップページ | El CapitanでM-Audio Transit USBの使用は無理が・・・ »

2017年3月11日 (土)

Windows版Firefox 52の文字表示

Firefox 52になったら、Windows版ではdirect2dを使わずにskiaを使って画面描画をするようになったとのこと。

51までの64bit版ではハードウエアアクセラレーションを無効にしていればMacTypeが有効だったのだが、52ではabout:configでdirect2dやClearTypeやレンダリング関係の設定をMacTypeが有効になるように変えても無効のまま。

あきらめかけていた時に、

gfx.content.azure.backends

の内容を

direct2d1.1,skia,cairo

から

direct2d1.1,cairo

にすればよいとの情報を見た。

うん、MacTypeはやっぱり見やすい。

|

« Safari 10/El CapitanのuBlockが機能していなかった | トップページ | El CapitanでM-Audio Transit USBの使用は無理が・・・ »

Windows」カテゴリの記事

Firefox」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Windows版Firefox 52の文字表示:

« Safari 10/El CapitanのuBlockが機能していなかった | トップページ | El CapitanでM-Audio Transit USBの使用は無理が・・・ »