« Mail.appで添付ファイル保存ダイアログが空白に | トップページ | Windows版Firefox 52の文字表示 »

2017年3月 4日 (土)

Safari 10/El CapitanのuBlockが機能していなかった

Safari 9の時代に入れておいた広告ブロッカーのuBlockがいつの間にか機能しなくなっていた。ツールバーのuBlockアイコンをクリックしてもからのウインドウが表示される。また、Safariの環境設定で機能拡張を選ぶと、空のウインドウが表示される。uBlock以外に2つの機能拡張をインストールしてあるが、それらも表示されないし、本来は機能拡張をON/OFFしたりする表示になるはずだが本当に何も表示されない。

Finderでoptionキーを押しながら「移動」メニューをプルダウンし、「ライブラリ」を選択。開いたウインドウの「Internet Plungins」フォルダを開き、内容を全てゴミ箱へ。その後Safariを立ちあげると、機能拡張の表示が正常に戻った。

uBlock Originの最新版を以下から入手できる。
https://github.com/el1t/uBlock-Safari/releases

|

« Mail.appで添付ファイル保存ダイアログが空白に | トップページ | Windows版Firefox 52の文字表示 »

Mac OS X」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Safari 10/El CapitanのuBlockが機能していなかった:

« Mail.appで添付ファイル保存ダイアログが空白に | トップページ | Windows版Firefox 52の文字表示 »