« ThinkPad X60がスリープ後に背景色一色でタスクバーも表示されない | トップページ | Excel 2013の等高線グラフの数値軸を対数にすると異常に遅い »

2016年9月10日 (土)

Windows 7 でデスクトップにおいたアイコンの一部が消失した

と職場の同僚から相談された。昼休み前まではあったのに・・・とのこと。

調べてみると、Windowsはデスクトップにリンク切れのアイコンが4個以上あると、デスクトップのリンク切れアイコンをまとめて(黙って)削除してくれるらしい。たしか、Windows 7が出たばかりの頃にも話題になったような気がする。

今回消えたのはネットワークドライブ上のフォルダへのアイコン。最近のPCは使っていない時にNICをスリープさせるものがあるので、ネットワークドライブへの接続が切れることがある。今回の件も多分そんな感じかと。

NICの電源管理設定を見ると、このPCの場合は省電力のためにオフにするという設定項目は無かった。ただ、そんなに古いPCではないので、省電力機能はそれなりにある感じで、ひょっとしたら電源をオフにする設定を切れない作りなのかもしれない。

しかたがないので、Microsoftのサイトにあったやり方でレジストリを編集して壊れたショートカットを削除するタスクを止めることにした。

|

« ThinkPad X60がスリープ後に背景色一色でタスクバーも表示されない | トップページ | Excel 2013の等高線グラフの数値軸を対数にすると異常に遅い »

Windows」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Windows 7 でデスクトップにおいたアイコンの一部が消失した:

« ThinkPad X60がスリープ後に背景色一色でタスクバーも表示されない | トップページ | Excel 2013の等高線グラフの数値軸を対数にすると異常に遅い »