« 代替処理済みセクタが出た | トップページ | ThinkPad X60がスリープ後に背景色一色でタスクバーも表示されない »

2016年8月27日 (土)

コマンドプロンプトで古いファイルを選んで操作する

%タイトル%という目的に使えるforfilesというコマンドがWindowsにあった。知らなかった・・・。

UNCに非対応なので、ネットワーク上のドライブのファイルの操作ができない。しかし、pushdとpopdを使うと良いという情報があった。pushdやpopdというコマンドはMS-DOS時代から知っていたが、最近のWindowsではネットワーク上のドライブに対して使用すると、自動的にボリュームラベルをつけてネットワークドライブとして接続してくれるようになっていた。

pushdで目的のネットワークドライブ上のフォルダにカレントディレクトリを移し、forfilesを実行、その後popdで元に戻る、という使い方になる。

popdで元のディレクトリに戻るか、バッチファイルを終了すればpushdで接続したネットワークドライブを自動で接続解除してくれるのも使い勝手がいい。

|

« 代替処理済みセクタが出た | トップページ | ThinkPad X60がスリープ後に背景色一色でタスクバーも表示されない »

Windows」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コマンドプロンプトで古いファイルを選んで操作する:

« 代替処理済みセクタが出た | トップページ | ThinkPad X60がスリープ後に背景色一色でタスクバーも表示されない »