« ディスクのマウント解除と書き込みキャッシュのフラッシュ | トップページ | Windowsタスクマネージャーで「すべてのユーザーのプロセスを表示」 »

2016年7月16日 (土)

Firefoxの「ハードウェアアクセラレーション機能を使用する」

64bit Windows環境下で、Firefoxの「ハードウェアアクセラレーション機能を使用する」とするとFirefoxでMacTypeが無効になりDirectWrite(ClearType)で表示される。

以下は私のPCの特殊な環境のせいではあるのだけど。

この時、NexsusFontで開いていた追加のフォントが認識されなくなる。WindowsのFontsフォルダ内のフォントだけ有効。

また、フォント名が一部変わる(VlKoruri Regular→Vlkoruri)。
フォントの詳細設定で、セリフやサンセリフ、等幅などその項目にふさわしいフォントとそうでないその他のフォントが分けられて表示されていたのも、「ハードウェアアクセラレーション機能を使用する」のチェックを入れると全フォントがアルファベット順(大文字が先の表示順となる)となってしまう。使い勝手が微妙に後退しているぞ (^^;)

|

« ディスクのマウント解除と書き込みキャッシュのフラッシュ | トップページ | Windowsタスクマネージャーで「すべてのユーザーのプロセスを表示」 »

Windows」カテゴリの記事

Firefox」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Firefoxの「ハードウェアアクセラレーション機能を使用する」:

« ディスクのマウント解除と書き込みキャッシュのフラッシュ | トップページ | Windowsタスクマネージャーで「すべてのユーザーのプロセスを表示」 »