« 写真へのデジカメデータの取り込み | トップページ | 64bit環境でのIMEtray »

2016年5月21日 (土)

WordでIMEBigV2

ここ数年、老眼が進んできてPCを使う時には老眼鏡を手放せなくなっている。

さらに文字の入力を見やすくするために、Windowsで漢字変換の文字を大きく表示してくれるIMEBigV2を使っている。
今までMicrosoft WordではIMEBigV2が効かないと思っていたのだが、Wordの設定で有効になることがわかった。

Wordのオプションの詳細設定で「変換中の文字列を文書に挿入モードで入力する」のチェックを外す。このチェックが入っているとWordが変換中の文字列の描画を行うようで、IMEBigV2が効かない。
Word 2007, 2010, 2013とGoogle日本語入力の組み合わせで動作を確認した。このとき、表示フォントはWordで入力中のフォントで拡大表示される。Microsoft IMEとの組み合わせではIMEBigV2が効かないみたい。

Word 2013では、「変換中の文字列を文書に挿入モードで入力する」のチェックが入っているときは変換中の文字の周りに候補の表示がちらついて落ち着きがないが、チェックを外した状態だとそうした挙動もなくて大変よい。

|

« 写真へのデジカメデータの取り込み | トップページ | 64bit環境でのIMEtray »

Windows」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WordでIMEBigV2:

« 写真へのデジカメデータの取り込み | トップページ | 64bit環境でのIMEtray »