« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月28日 (土)

64bit環境でのIMEtray

IMEのツールバーが邪魔なので非表示にしているが、状態表示だけはIMEtrayでタスクトレイに表示していた。Windows 7を64bitに変えたら32bit版のIMEtrayがIMEの状態をちゃんと取得しなくなってしまったので、TT_IMEというソフトを使っていた。最近IMEtrayの64bit対応版が出たようなので、入れてみた。

Windows 7 SP1 64bit, Google日本語入力 2.17.2400.0で使ってみた。Google日本語入力のIMEのオンオフ表示は切って、IMEtrayに表示させることにした。これはキャレット位置にモード表示することにした。マウスの横だと表示がうるさい感じがする。
IMEtrayは管理者としてではなくて普通に実行。管理者として実行するとIMEの状態を取得できなくなった。

もともとIMEBigV2が有効な状態だったためか、IMEBigV2.exeを起動することなくIMEtray64を実行することでIMEBigV2の機能も有効になっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月21日 (土)

WordでIMEBigV2

ここ数年、老眼が進んできてPCを使う時には老眼鏡を手放せなくなっている。

さらに文字の入力を見やすくするために、Windowsで漢字変換の文字を大きく表示してくれるIMEBigV2を使っている。
今までMicrosoft WordではIMEBigV2が効かないと思っていたのだが、Wordの設定で有効になることがわかった。

Wordのオプションの詳細設定で「変換中の文字列を文書に挿入モードで入力する」のチェックを外す。このチェックが入っているとWordが変換中の文字列の描画を行うようで、IMEBigV2が効かない。
Word 2007, 2010, 2013とGoogle日本語入力の組み合わせで動作を確認した。このとき、表示フォントはWordで入力中のフォントで拡大表示される。Microsoft IMEとの組み合わせではIMEBigV2が効かないみたい。

Word 2013では、「変換中の文字列を文書に挿入モードで入力する」のチェックが入っているときは変換中の文字の周りに候補の表示がちらついて落ち着きがないが、チェックを外した状態だとそうした挙動もなくて大変よい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月14日 (土)

写真へのデジカメデータの取り込み

同じ日に別々の2台のカメラで撮影した画像を、OS Xの写真に取り込もうとした。デジカメのSDカードをMacBook ProのSDカードスロットに入れて取り込む。

1台目は問題なく終了。続いて2台目のカメラのSDカードを入れて取り込もうとすると、写真がエラーを出す。

原因は、同一メーカーのカメラで同じ日に撮影したので同じ名前のファイルがあったための模様。このメーカーのカメラは、「P5030001.JPG」のように"P"+1桁の月+2桁の日+4桁のその日の連番というファイル名をつけるので、同じ日に撮影するとファイル名が被ってしまう。

SDカードの名前もつけていなかったので、どちらもデスクトップには「NO NAME」と表示されていたのも原因のひとつかもしれない。

2台目のカメラの画像のファイル名を少し変えたら、今度は写真から認識されない。

最終的に、ファイル名を変えてから別のフォルダに画像ファイルをコピーし、ファイルメニューの取り込みでそのフォルダから取り込んだら成功した。

同じメーカーのカメラを同時に使うことは想定していないのか>写真

目下、OLYMPUS 2台、Panasonic 2台が現役なんだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 7日 (土)

Excel 2007で0を含むデータ列の対数グラフでエラー

最近職場の複数のPCで見られる現象。Windows 7 Professional SP1, 32bitまたは64bit版で、Excel 2007(SP3)でのこと。

0または負の数を含むデータ系列中を対数グラフにすると「負の数値またはゼロは、対数グラフに正しくプロットされません。対数目盛では、正の数値だけが有効です。」と表示される。メッセージの内容は当然の事なので問題ないのだが、問題なのグラフに対する操作によってはこのエラーメッセージが2回表示されてExcelが強制終了してしまうこと。

今のところわかっているのは次のこと。

  • ファイルを開いてから、グラフ内のオブジェクト(グラフタイトルや軸タイトルやプロットエリアや凡例)を移動やリサイズ発生
  • グラフエリアそのものの移動やリサイズでは発生しない(対数グラフのエラーメッセージも表示しない)
  • グラフ内のオブジェクトの書式変更(文字サイズや数値の書式や線の太さなど)を行うとエラーメッセージが1回だけ表示され、その後オブジェクトを移動・リサイズしても強制終了はしない
  • 書式変更などでオブジェクトのリサイズができるようになったグラフを複製して、複製したグラフのオブジェクトを移動・リサイズすると発生
  • グラフシートでもワークシート内のグラフオブジェクトでも同じ

どうも、グラフがメモリ上に生成されてから初めての操作が、グラフ内のオブジェクトの移動やリサイズの場合にExcelがエラーで落ちてしまうようだ。移動やリサイズ以外の操作を行った後なら問題が無いようだ。

以前はこんな現象は無かったので、最近のExcel 2007の更新で紛れ込んだバグのような気がする。Excel 2010やExcel 2013でも問題ない。あと1年か2年で2007のサポートも切れるのでMicrosoftも手を抜き出したか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »