« Xcodeのバージョンアップ後Macportsのselfupdateが失敗した | トップページ | MacBook Pro 13" 2009のトラックパッドのクリック調整 »

2015年10月10日 (土)

OS X 10.11 El Capitanをインストール

OS X 10.11 El CapitanをMacBook Pro 13" 2009の外付けHDDにインストールした。Firewire 400なのであまり速くはないのだけど、OSバージョンアップ時のテスト環境権メンテナンス用起動ディスクとして使っている。

インストールそのものは1時間ぐらいかかったと思う。寝る前に始めて、最後まで終わったのを確認しないで寝てしまったのでよくわからない。

朝起きたら無事にインストールが終わり、Apple IDのパスワード認証画面になっていた。パスワードを入力し、使用許諾条件に同意するとEl Capitanが使えるようになる。

日本語のライブ変換は、Firewire 400の遅いディスクではもたついて辛い。SSDなら快適だろうけど。

Yosemiteからの上書きインストールだが、使えなくなったのはMenuMeters 1.8.1。これは作者のサイトに互換性がないと記述がある。

次のものはメーカーサイトに対応状況が記載されていた。
プリンタ brother DCP-J957N  10月末に対応ドライバを公開予定

今のバージョンだと、横置きの紙を指定しても縦置きのつもりで印刷されてしまう。スキャナはいちおう使える感じ。

Alsoft DiskWarrior 5  現行版で対応済み

Sophos AntiVirus Home Edition  現行版9.4.0で対応済み

Macportsは2.3.4がEl Capitan対応。インストーラをダウンロードしてインストールしたが、あと少しで終わりそうなところでずっとCPUの使用率が高くなって進まない。Tclsh8.5が90%ぐらい使っている。30分ぐらい放置していたらいつの間にか終わっていた。

正式情報を調べていないけど、とりあえず動いているのは次のもの
smcFan Control 2.4
Google日本語入力
Earlybird (Thunderbird 40)
FirefoxAurora 43
LibreOffice 5.0.2
Jedit 1.4.2
Audacity 2.1.1
ひるの歌謡曲
iTunes-LAME 2.0.9
OperaNext 33

起動するのを確認したのが次のもの
Google Chrome 45
GIMP 2.8.14p2
Microsoft Excel 2008
Microsoft Word 2008
Mariner Calc 5.6.0

今のところ大きなトラブルはないが、10.11.1が出てから内蔵HDDにインストールする予定。

|

« Xcodeのバージョンアップ後Macportsのselfupdateが失敗した | トップページ | MacBook Pro 13" 2009のトラックパッドのクリック調整 »

Mac OS X」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: OS X 10.11 El Capitanをインストール:

« Xcodeのバージョンアップ後Macportsのselfupdateが失敗した | トップページ | MacBook Pro 13" 2009のトラックパッドのクリック調整 »