« サーバー上のExcelのファイルがショートカットになった | トップページ | 32bit WindowsでImageJとJava 8 »

2015年9月19日 (土)

スタートアップに登録してあるソフトが起動時にエラー

前にも同じネタで書いているけど (^^;) 今どこボードという行先表示ソフトが立ち上がるときに「捕捉されない例外がスローされました」みたいなエラーを吐いて止まる。

原因は、今どこボードの起動時にテンポラリディレクトリが存在しないためだった。

RAMディスクを作り、環境変数でユーザー(この場合自分)のTEMPとTMPをRAMディスク(Rドライブとすると)のR:\TEMPやR:\TMPに指定している。
この環境だとスタートアップに登録した今どこボードが起動に失敗する。他のソフトがR:\TMPを作成した後だと問題なく起動できる。

そこで、RドライブにTEMPとTMPを作るバッチファイルを作り、タスクスケジューラでログイン時に実行させる。
今どこボードの環境設定でスタートアップに登録のチェックを外し、タスクスケジューラでログイン後1分間経ってから今どこボードを起動する。
という設定に変えた。これでエラーは出なくなった。変な環境で使うな、ということかな (^_^;)

|

« サーバー上のExcelのファイルがショートカットになった | トップページ | 32bit WindowsでImageJとJava 8 »

Windows」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スタートアップに登録してあるソフトが起動時にエラー:

« サーバー上のExcelのファイルがショートカットになった | トップページ | 32bit WindowsでImageJとJava 8 »