« スタートアップに登録してあるソフトが起動時にエラー | トップページ | Xcodeのバージョンアップ後Macportsのselfupdateが失敗した »

2015年9月26日 (土)

32bit WindowsでImageJとJava 8

Java 7以降で32bit版のWindows (7/XP)上でImageJを使うと、次のパターンで必ずImageJが落ちる。

  1. 画像を拡大 画像を矩形選択、または直線ツールで分析部分を指定
  2. ImageJのメインパネルのメニューをクリック

色々オプションを変えたりしてもだめで、Java 8でも相変わらずだったので、ImageJはJava 6で使っていた。

上記の操作は64bit版では問題なく動作する。また、新規インストールしたWindows 7とJava 8と最新版Image Jでもだめだった。

のだが、ImageJを管理者として実行すれば問題ないことを発見した。ううむ。

|

« スタートアップに登録してあるソフトが起動時にエラー | トップページ | Xcodeのバージョンアップ後Macportsのselfupdateが失敗した »

Windows」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 32bit WindowsでImageJとJava 8:

« スタートアップに登録してあるソフトが起動時にエラー | トップページ | Xcodeのバージョンアップ後Macportsのselfupdateが失敗した »