« Brother DCP-J957Nを10.4から使う | トップページ | PR-500MIとWXR-1900DHPのセットアップ »

2015年1月24日 (土)

YosemiteでBrotherの複合機で本体からスキャン

OS X 10.10.1 YosemiteでBrother DCP-J957Nという複合機を使っている。接続は有線LAN。

プリンタ本体のパネルからの操作でスキャンをすると、Macに「アプリケーションNETserverへの受信接続を許可しますか」と出てきて、そこで許可をするがこの時のスキャン操作は失敗する。続けてもう一度本体からスキャンするとControl Centerが立ち上がりスキャンされる。

ログアウトしてログインし、もう一度スキャンするとやはり受信接続の許可を尋ねられる。ファイアウォールにはNETserverは受信可として登録してある。

調べてみると、アプリケーションの証明書を作って設定すれば良いらしい。

  1. キーチェーンアクセスを起動して、「キーチェーンアクセス」メニュー→証明書アシスタント→証明書の作成 を選択
  2. 名前を「BrotherNETserver」などとし、固有名タイプを「自己署名ルート」、証明書のタイプを「コード署名」として証明書を作成。デフォルトを無効化のチェックは付けなかった。
  3. ターミナルを起動して codesign -s "BrotherNETserver" -f /Library/Printers/Brother/Utilities/Server/NETserver.app で関連付け。実はsudoで実行したけど、sudoでなくてもいいのかもしれない。
    /Library/Printers/Brother/Utilities/Server/NETserver.app: replacing existing signature と表示されたら終了。
  4. 正しく設定されたかの確認は、ターミナルから codesign -vvv /Library/Printers/Brother/Utilities/Server/NETserver.app と入力。
    /Library/Printers/Brother/Utilities/Server/NETserver.app: valid on disk
    /Library/Printers/Brother/Utilities/Server/NETserver.app: satisfies its Designated Requirement
    と表示されたら良いらしい。
  5. Macを再起動後、最初のプリンタ本体からのスキャン時に受信接続を許可してやれば、その後の再起動や別のユーザーでのスキャンでも受信接続の許可を求められることはない。

|

« Brother DCP-J957Nを10.4から使う | トップページ | PR-500MIとWXR-1900DHPのセットアップ »

Mac OS X」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: YosemiteでBrotherの複合機で本体からスキャン:

« Brother DCP-J957Nを10.4から使う | トップページ | PR-500MIとWXR-1900DHPのセットアップ »