« Yosemiteをインストール | トップページ | OS X 10.10 Yosemiteの起動時間 »

2014年10月25日 (土)

OS X Yosemite ログイン時のキー配列

Mountain Lionまではログインパネルで指定したキー配列がその後も記憶されていたのだけど、Mavericksから覚えてくれなくなったっぽい。Mountain LionまではDvorak配列を指定していたが、MavericksではQWERTYになってしまっていた。Yosemiteでは勝手にDvorakに戻っていた。

以下Yosemiteの話。
ログインパネルで選択したキーボードレイアウト名は「英数」。入力されるのはDvorak。メニューのその他のキー配列でU.S.を選び、それ以外を削除してみても、どれかのユーザーにログイン・ログアウトすると元の「英数」「ひらがな」「カタカナ」に戻ってしまう。

うちのMBP13"2009ではrootを有効にしてあるのだけど、Yosemiteでrootのキー配列をDvorakから英数(US配列)に変更してみたらログインパネルでの「英数」もQWERTYになった。

|

« Yosemiteをインストール | トップページ | OS X 10.10 Yosemiteの起動時間 »

Mac OS X」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: OS X Yosemite ログイン時のキー配列:

« Yosemiteをインストール | トップページ | OS X 10.10 Yosemiteの起動時間 »