« ソフトの32bitモードの指定 | トップページ | Griffin PowerWaveの故障 »

2014年8月30日 (土)

サウンドデバイスが無効なPCでAdobe Flash Playerがエラー

YouTubeにあるムービーを再生できないと相談を受けた。再生を始めると、1, 2秒でエラーとなる。

マシンは2006年発売のIBM Mpro 9237(34)で、最近Windows 7 SP1 64bitを入れたもの。Internet Explorer 10とAdobe Flash Player 14の最新版の組み合わせ。

IEのキャッシュをクリアしたり、Flash Playerを入れなおしたりしたけど再生できない。使用者曰く、Windows 7にしてからYouTubeを見られたことがないとのこと。

デバイスマネージャーを見ると、サウンドデバイスのドライバが見つからなかったようで、機能していない。
自分のPCで問題のムービーを再生できるのを確認した後、デバイスマネージャーでサウンドデバイスを無効にしてみた。すると同じようにムービーの再生でエラーとなった(Firefox 31だが)。

結論として、Adobe Flash Playerはサウンドデバイスが機能していない環境ではムービーを再生できない、ということになる。Q&Aサイトに、出力デバイスが指定されていなくて、ヘッドホン端子にヘッドホンをつないだらムービーの再生ができるようになったというのがあったのだが、同根の問題のように思える。

ということで、サウンドデバイスを有効にしないといけないのだが、このマシンのサウンドチップのWindows 7用のドライバは提供されていないようで、Vista用も含めて使えそうなドライバを見つけられなかった。

ひょっとして、USB DACをつないでやればFlash Playerでムービー再生ができるようになるだろうか? 使えそうな機材がないので確認できないけど。

YouTubeってHTML5のムービーもFlashムービーと同時に提供しているし、最近のブラウザならHTML5を再生できるから大丈夫だろうと思い、自分のPCでサウンドデバイスを無効にしたままIEでFlashアドインを無効にしてみたところ、ちゃんと再生できた。というか、私のPCのIE11は元からHTML5で再生していたみたいなんだが。IE11ってHTML5優先なのかな?

最終的に、件のPCからFlash PlayerをアンイストールしたらIE10は勝手にHTML5ムービーとして再生してくれて解決。

件のPCではIE10のレンダリングがソフトウエアレンダリングに固定されていてムービー再生でCPU負荷が高いのだけど、2006年製でチップセットのグラフィックスチップを使っている私のマシンだってGPUレンダリングが有効なので、件のPCはグラフィックスドライバがちゃんと入っていないのかもしれない。

|

« ソフトの32bitモードの指定 | トップページ | Griffin PowerWaveの故障 »

Windows」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サウンドデバイスが無効なPCでAdobe Flash Playerがエラー:

« ソフトの32bitモードの指定 | トップページ | Griffin PowerWaveの故障 »