« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月26日 (土)

Windows 7にしてから困っていること

Windows 7 Professional SP1 32bitに環境を移行してから、困っていることが少々ある。

Symantec Endpoint Protectionのウイルス定義更新後の自動スキャン実行時にDvorakJが働かなくなる。DvorakJ management toolが落ちている。通知領域のアイコンからDvorakJのウインドウを呼び出し、DvorakJを再起動させれば使えるようになるのだが。

FirefoxでGoogle Macの検索フィールドに文字を入れようとすると、IMEがオンだとまともにはいらない。1文字目がIMEをスルーしてFirefoxに渡ってしまい、IMEには2文字目以降しか残らない。IMEはGoogle日本語入力。

さて、どうしたものか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月19日 (土)

印刷できないWebページ

自宅のMacでのこと。

妻がプリンタが反応しないと言う。詳しく聞くと、特定のページだけプリンタが反応せず、PDFに保存もできないしプレビューからの印刷もできないとのこと。

環境はOS X Mavericks 10.9.1, Safari 7.0.1, Firefox 27.0.1, HP Photosmart 2710で確認。

件のページをMac OS X Tiger 10.4.11, Camino 2.0, HP Photosmart 2710で開いても同じ。

印刷ダイアログでPDFの保存をしようとしても「保存」ボタンを押せないのだが、ふと思いついてファイル名を変更したら保存できた。PDF保存時のファイル名にはウインドウタイトルが使われるのだが、件のページのタイトルは全角で145文字。全角83文字まで減らしたらPDFで保存できた。

AppleのサポートページによればOS Xではファイル名は半角255バイトまで使えるとある。日本語だとどうなるかは書いていないのだけど、MavericksのFinderで試すと全角文字でも255文字が最長の模様。

ただ、印刷ダイアログからPDFで保存する場合はその途中のどこかのプロセスで日本語はUnicodeの1文字3バイトの数え方になり、ファイル名の記憶領域が255バイトしか無いため、拡張子 ".pdf" の分を除くと (255-4)/3≒83文字が限界になっているっぽい。

おそらく、印刷時に作る作業用ファイルがウインドウタイトルをファイル名に使うため、印刷もできなくなっていたのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月12日 (土)

待機コマンド

コマンドプロンプトで実行するバッチファイル内で、ある時間コマンドの実行を遅らせたい時がある。

XPの時は指定時間待つようなコマンドがなかったので。適当なPCを相手にpingを何回か打って時間を稼いでいた。

せっかくWindows 7を使うようになったので少し調べてみると、Vistaからtimeoutコマンドというものが搭載されていた。Vistaなんて使ったことがなかったので知らなかった。
timeoutコマンドは、指定した時間だけコマンド実行を待機する。

timeout 5

を実行すると、5秒のカウントダウンが表示される。カウントダウン中に何かのキーを押すと待機が解除される。キー入力を無効にするには/NOBREAKオプションを付けて実行する。

コマンドとは違うが、タスクスケジューラでログイン後に実行するようにしてあるタスクは、30秒とか1分などある程度遅延させて実行するように設定できる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 5日 (土)

管理者権限(SYSTEM)のアプリケーション上でDvorakJ入力

普通にインストールして実行したDvorakJをWindows 7で使っていると、管理者権限で実行されているアプリケーション上でDvorak配列とならない。DvorakJのユーザーが自分なので。

DvorakJのサイトにはDvorakJを管理者権限で実行せよと書いてある。そりゃそうだ。毎回手動で管理者としてDvorakJを起動するのは面倒だし、ショートカットのプロパティで管理者として実行のチェックを入れておいてショートカットをダブルクリックして起動しても確認ダイアログが出て鬱陶しい。

スタートアップフォルダにあるショートカットのプロパティで「管理者として実行」をチェックしたのだが、ログイン時に自動起動されなかった。

そこで、コントロールパネル→管理ツール→タスクスケジューラでログイン時に起動するタスクとしてDvorakJを起動するようにして、最上位特権で実行するように設定した。これで管理者として実行されたアプリケーション上でもDvorak配列で打てるようなった。

OS Xだとシステムが持っているDvorakのキー配列を指定するだけですむのに、Windowsって使いにくい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »