« Active Directory参加のWindows 7の時計が微妙にずれる | トップページ | DvorakJで変換時のキーの取りこぼし »

2014年3月22日 (土)

Windows 7でRobocopyコマンドを使ってファイルのバックアップを取ろうとしたら

XPの時にRobocopyを使って外付けディスクに内蔵ディスクのバックアップをとっていた。

今回のWindows 7のインストールではデータ用のパーティションは基本的にいじっていないので、ディレクトリ構造は以前のまま。Windows 7のRobocopyでも同じようにコピーできるだろうと思い、以前使っていたバックアップ用バッチファイルを走らせるとエラーとなった。

読み書き権限がないとのこと。

自分が作成者のフォルダなのに・・・と思いつつ、バッチファイルを管理者として実行したらバックアップできた。

OS XやLinuxでもsudoでコマンド実行したりすることがあるのだが、Windowsは・・・と思ったら、

runas /user:ユーザー名 コマンド

というやり方でAdministratorを含む任意のユーザーでコマンドを実行できるらしい。

他には、Windows本来の機能ではないけど、sudo implementation for Windowsというのもあるらしい。

|

« Active Directory参加のWindows 7の時計が微妙にずれる | トップページ | DvorakJで変換時のキーの取りこぼし »

Windows」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Windows 7でRobocopyコマンドを使ってファイルのバックアップを取ろうとしたら:

« Active Directory参加のWindows 7の時計が微妙にずれる | トップページ | DvorakJで変換時のキーの取りこぼし »