« Firewire 800/Firewire 400/USB 2.0の速度比較 | トップページ | 光学ドライブの分解掃除 »

2013年12月14日 (土)

CDの完全バックアップ中

手持ちの約500枚のCDのほとんどはMP3でiTunesnに取り込んであるのだが、やはりMP3なので音質が良くないこと、CDの取り込みは音質の悪さに定評のある昔のiTunes(使ったのはiTunes 2.0)のMP3エンコーダなので尚一層音質が良くないこと、取り込んだ当時(10年以上前)はディスクの容量も小さくて全部取り込んでいないCDがあること、といった理由でバックアップとしては完全とは言い難い。

CDの寿命も気になるし、うちの光学ドライブのヘタリ具合や故障の具合を考えると、ハードディスクに完全コピーをとっておいたほうがいいんじゃないかと思うようになった。ちょうど320GBのHDDが余ったので、これをFirewire 400のポートのあるケースに入れ、ベージュG3に接続した。

手持ちのCDは500枚以上600枚以下(多分)。平均して60分の収録時間とすると、1枚あたりのデータとしては60[分]×60[秒]×44100[サンプリング周波数]×16[bit]×2[ch] = 5080320000[bits] = 607[MB]の容量になる。Apple Losslessフォーマットでエンコードすると、だいたい半分ぐらいのサイズになるらしいので、CD 1枚あたり300MBを見込んでおく。320GB(298GB)のHDDだと、約1000枚を保存できる計算になる。

実際にApple Losslessで読み込むと、500MHzのG4のベージュG3では5〜10倍の変換速度となる。LAMEだと1.5〜2倍ぐらいだが。LAMEで25倍前後の変換速度になるMacBook Proの方で読み込めたら70〜140倍の変換速度になるかもしれないけど、光学ドライブがCDで48倍速ぐらいなのでそこが限界だろうし、我が家のMBPは光学ドライブのイジェクト機構が故障してディスクが入らなくなっているので使えない・・・。

|

« Firewire 800/Firewire 400/USB 2.0の速度比較 | トップページ | 光学ドライブの分解掃除 »

Mac OS X」カテゴリの記事

iTunes」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CDの完全バックアップ中:

« Firewire 800/Firewire 400/USB 2.0の速度比較 | トップページ | 光学ドライブの分解掃除 »