« ExcelのVBAでアクティブシートの有無をチェック | トップページ | Windows 7 SR1 64bit版でWindows Updateで2013/10の更新に失敗 »

2013年10月12日 (土)

Windows XPのデフラグの起動ファイル最適化機能

Windows XPのデフラグには、起動時に読み込まれるファイルの配置を最適化する機能がある。これはレジストリの

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Dfrg\BootOptimizeFunction

の"Enable"の値を"Y"にすれば有効になる。

ところで、XPでSSDを使うためにアイドル時の自動デフラグを停止するための設定を紹介しているWebページの多くで、このキーがブート時の自動デフラグのスイッチであると誤解されているようだ。XPのデフラグには、ブート時のデフラグ機能はないのだが。

Windows XPのデフラグは、Diskeeperという有料ソフトの簡易版で、機能はかなり削られているそうだ。ページファイルやMFTの最適化ができないとか、ブート時のデフラグ機能がないとか。
MyDefragやDeflagglerやSmartDefrag2やUltraDefragなど、フリーのデフラグソフトは山とあり、その中にはブート時のデフラグができるものやMFTのデフラグができるものがあるので、そういうものを使ったほうがいいと思う。中にはページファイルのデフラグに特化したPageDefragという変わり種もある。

私はMyDefragを気に入っていて、年に1回程度実行している。これはWindowsの起動ファイル最適化情報を読み込んでファイルの並べ替えをしたり、ファイルの種類によってゾーニングをしてアクセス性能を向上させようとしたりと芸が細かい。

|

« ExcelのVBAでアクティブシートの有無をチェック | トップページ | Windows 7 SR1 64bit版でWindows Updateで2013/10の更新に失敗 »

Windows」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Windows XPのデフラグの起動ファイル最適化機能:

« ExcelのVBAでアクティブシートの有無をチェック | トップページ | Windows 7 SR1 64bit版でWindows Updateで2013/10の更新に失敗 »