« crontabでClamdOmitScan.plでウイルススキャンを自動実行 | トップページ | ベージュG3のUSBカード死亡 »

2013年10月28日 (月)

MacBook Pro 13" 2009のHDD交換と10.9のインストール

我が家のメインマシン、MacBook Pro 13" 2009モデル (Macbook 5,5)は購入時のOSが10.5 Leopard。その後10.6 Snow Leopard, 10.7 Lion, 10.8 Mountain Lionとアップグレードしてきた。

正直なところ、この中ではSnow Leopardが一番小気味よく動き、Lionは動きが遅くてバギーな印象だった。Mountain LionはLionよりはるかに安定度は上がったが、Snow Leopardのキビキビした動きはうちのマシンではムリだった。

さて、今回の10.9 MavericksはMountain Lionよりも動きが軽快そうだというので、外付けHDDに入れてテストした後にメインの環境も更新した。

その前に、MBPのハードディスクをより高速なものに交換することにした。もともとはHGSTの320GBのものが入っていて、残り100GBなので容量的には入れ換えの必要はない。目的はスピードアップ。

そのために選んだのは Seagate 2.5inch Hybrid Laptop Thin SSHD ST500LM000という500GB, 5400rpmのHDD。IFの速度は6Gb/sだが、MBPの方が3Gb/s。キャッシュは64MBなのだが、32GBのSSDも内蔵していて(それ故Hybridと名乗っている)、OSやアプリケーションソフトの起動が早いらしい。

ところで、2009年モデルのMBPシリーズはコントローラのバグのせいでHDDとの相性が大変厳しいらしい。とりあえず私が購入したものはエラーも出ずにちゃんと使えている。よかった。

MBPの裏ぶたを外し、HDDを取り外す。HDDの両サイドに固定用のネジが合計4つ取り付けられているが、T6のトルクスレンチが必要なのだけど、あいにくと持っていないのでペンチで回して外す。ネジ止め剤が塗ってあって、結構固かった。

新しいHDDをMBPに入れて裏ぶたを外す。旧HDDはアミュレットが販売しているRebDrive FireWire 800というFirewire 800/400/USB 2.0インターフェースをもつケースに入れる。

予め作っておいたMavericksのインストールUSBメモリで起動して、ディスクユーティリティーで内蔵ディスクをフォーマットする。その後外部ディスクの旧環境を新しい内蔵ディスクに「復元」する。うちの環境では2時間強かかった。ディスクの末尾に作成されていた復旧用パーティションも新しいディスクの最後尾に自動的に復元されていた。

念のため内蔵ディスクで立ち上がることを確認し、再度インストールUSBで起動。今度は内蔵ディスクにMavericksをインストールする。所要時間は約40分。

で、無事にMavericksのインストールが終わった。再起動直後はSpotlightが検索インデックス作成のためディスクアクセスが多くて反応が遅いが、それが終われば普通の速度になる(うちの環境だと2時間ほど)。

M-AUDIO Transit USBを使うために、ライブラリのLauchDaemonとStartupItemsからTransit USB関係のファイルをゴミ箱に捨てて再起動。システム環境設定に残っているTransit USBのコントロールパネルで出力ゲインを最大にしておき、サウンドで出力ボリュームをやや大きめにしないと音が出てこない。と言うか、出力が中位以下だとやたらと音が小さい。なんでだろ?

ディスク交換の効果もあって、Mountain Lionよりもキビキビ動いている。

M-AUDIO Transit USB以外に使っている周辺機器はHP Photosmart 7210というプリンタで、印刷できるのを確認した。スキャナはまだ試していない。

その他、動作を確認したソフト。

  • Gnumeric 1.12,8    Mountain Lionの時にMacportsでインストールしてあったもの
  • Mariner Calc 5.6
  • LibreOffice 4.1.2
  • Firefox 24
  • Thunderbird 24
  • Microsoft Office 2008
  • Opera 17
  • Google Chrome 30
  • GIMP 2.8.6   Mountain Lionビルドで動作を確認
  • ClamXav 2.6.1
  • smcFanControl 2.4
  • MenuMeters 1.6.1
  • QuickTunes 2.7.1
  • SmartReporter 2.7.3
  • Audacity 2.0.5
  • ひるの歌謡曲(Intel) 2.6.0
  • iTunes LAME (iTunes 11.1.2で動作確認)
  • Altivec/SSE Optimized LAME 3.99.5
  • Stellarium 0.12.4

動作確認していないが、AL Soft DiskWarrior 4.4はMavericksで動作するとメーカーサイトに記載があった。

|

« crontabでClamdOmitScan.plでウイルススキャンを自動実行 | トップページ | ベージュG3のUSBカード死亡 »

Mac OS X」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MacBook Pro 13" 2009のHDD交換と10.9のインストール:

« crontabでClamdOmitScan.plでウイルススキャンを自動実行 | トップページ | ベージュG3のUSBカード死亡 »