« 内蔵DVDドライブが壊れたMacBook ProにSnowLeopardをインストールする | トップページ | ExcelのVBAでアクティブシートの有無をチェック »

2013年9月28日 (土)

HFS+のファイル圧縮機能

10GBのハードディスクドライブにかなり小さな構成でSnowLeopardをインストールしたが、アップデートまでかけた後のディスクの空き容量は1.7GBほど。ディスクの中を見たら、/Library/Updatesにソフトウエアアップデートがダウンロードしたファイルが1.7GBほどあった。大物はアップデータを手動でダウンロードしたので、ソフトウエアアップデートからインストールしなかったものが残っている模様。これらは不要なので削除。その結果、空き容量は2.4GBまで増えた。

それでもSnowLeopardを起動したら「空き容量が足りない」とメッセージが出た。

そこで、/Applications以下をSnowLeopardから導入されたHFS+の圧縮機能で圧縮しておくことにした。これは、実行時に自動的に伸長されて使用されるもので、ネット上の情報を見るとパフォーマンスの変化は感じられないらしい。

圧縮のやり方は、ターミナルで

ditto --hfsCompression 元ファイルのパス 圧縮後のパス

として行う。元ファイルのパスがフォルダの場合は、フォルダの中身が下位の階層も含めて圧縮される。圧縮状況はFinderからは確認できない(圧縮前のサイズでしか表示されない)。そこでafsctoolというコマンドを使い、圧縮状況を表示する。/Applicationsフォルダ全体でおよそ半分ぐらいのサイズになっていた。

なお、このHFS+の圧縮は、ファイルを新しいもので置き換える(ソフトのアップグレードなど)と、再圧縮は自動ではされない。必要ならその都度再圧縮が必要。

結果として、空き容量は3.5GBになった。

ただし、AppleWorks 6.2.9は圧縮すると起動しなくなったので、圧縮していない元のファイルに戻した。他にはInkscape 0.48.2とかSeaShore 0.5.2もちゃんと起動しなかったので元のファイルに戻した。後2者はSnowLeopardのディスクではなくてMountainLionの内蔵ディスクで試した時の話だが。

|

« 内蔵DVDドライブが壊れたMacBook ProにSnowLeopardをインストールする | トップページ | ExcelのVBAでアクティブシートの有無をチェック »

Mac OS X」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HFS+のファイル圧縮機能:

« 内蔵DVDドライブが壊れたMacBook ProにSnowLeopardをインストールする | トップページ | ExcelのVBAでアクティブシートの有無をチェック »