« PowerMac G3 SSD換装作業メモ2 Tigerが不安定だよ | トップページ | Gnumeric 1.12.4 »

2013年8月17日 (土)

ベージュPowerMac G3でSSD

メンテナンス用パーティションのインストールにはちょっとトラブルがあったが、常用の起動ディスクはディスクユーティリティーの復元であっさりコピー完了し、ベージュPowerMac G3がSSDで動いている。

xbenchでディスクの速度を比べてみた。数値の単位はMB/s。比べたディスクは今の起動ディスクの64GB SSD(キャッシュ128MB) ATA66接続、前の起動ディスクの60GB HDD(キャッシュ2MB, 7200RPM, シークタイム9ms)、内蔵IDEバスにつないだ80GB HDD(キャッシュ1MB, 5400RPM, シークタイム12ms)。ついでに、このSSDをUSB 2.0のケースに入れてMacBook Pro 13" 2009で計測した数値もつけた。

シーケンシャル
ディスク    SSD64GB   HDD60GB   HDD80GB  SSD64GB
IF          ATA66/G3  ATA66/G3   IDE/G3  USB/MBP
Write 4K      13         9.1      15       40
Write 256K    55        46        15       33
Read 4K       11        11         7.9      6.7
Read 256K     54        46        15       37

ランダム
ディスク    SSD64GB   HDD60GB   HDD80GB  SSD64GB
IF          ATA66/G3  ATA66/G3   IDE/G3  USB/MBP
Write 4K      11         1.3       0.8      7.8
Write 256K    53        24        15       35
Read 4K        6.8       0.6       0.6      6.2
Read 256K     52        22        11       36

わかるのは以下のこと。

  • SSDの転送速度はATA66 IFで律速
  • シーケンシャルアクセスではSSDも60GB HDDも大きな差はない
  • 4Kと小さなファイルのランダムアクセスではSSDはHDDの10倍速い
  • ほどほどのサイズのファイルのランダムアクセスでもSSDの方が倍以上速い
  • SSDをUSB 2.0のケースに入れても、ランダムアクセスの性能はキープ

最高転送速度がATA66 IFで律速されるのはもともとわかっていた(RAID0でも同様だったし)。それよりも小さなファイルのランダムアクセス性能が向上しているので、ディスク処理が絡む場合のレスポンスは向上している。特にシークタイムの遅い80GB HDDでRAID0にしていたときはかな漢字変換のレスポンスが苦痛なほど遅かったのだが、60GB HDDに戻して多少改善され、SSDにしてそこそこ改善された。

とはいえ、500MHzのG4では自ずと限界があるわけで。これがベージュG3に手を入れる最後の機会だろうなあ。今回は、たまたまSSDを入れていたノートが潰れたり、RAID0の環境が壊れたので改装に踏み切ったけど。

|

« PowerMac G3 SSD換装作業メモ2 Tigerが不安定だよ | トップページ | Gnumeric 1.12.4 »

Mac OS X」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベージュPowerMac G3でSSD:

« PowerMac G3 SSD換装作業メモ2 Tigerが不安定だよ | トップページ | Gnumeric 1.12.4 »