« SonnetCacheをアップデートしたら | トップページ | PowerMac G3 SSD換装計画 »

2013年7月20日 (土)

ベージュPowerMac G3の起動ディスクの破損

前回のSonnetCacheのトラブル解決に至るまで何度も強制再起動をしたせいか、その後Mac OS Xで起動しようとするとOpenFirmwareがエラーメッセージを表示して起動できなくなってしまった。調べると、起動ディスクの障害でこうなることが多いようだ。

今の起動ディスクは80GB HDD 2台をACARD AEC-6860Mで束ねてRAID0 160GBのドライブとして使っている。シングルユーザーモードでもセーフモードでも起動しないので、他のディスクから起動しないと起動ディスクを修復できない。

ディスクの修復のために試したこと。

・Mac OS X CD-ROMからの起動
ベージュのPowerMac G3は、本来Mac OS X 10.2 Jaguarまで対応している。そこで10.2のCD-ROMで起動しようとしたのだが、なぜかHDDを参照するのかOpenFirmwareのエラーで立ち上がらない。

・別のHDDからの起動
ベージュPowerMac G3の起動に使えるHDDは、内蔵IDEバス、SCSIバス、PCIスロットに挿したACARD AEC-6860MにつないだHDDのいずれかである。残念なことに、SCSIコントローラがイカれてしまって、メンテナンス用に用意しておいた外部HDDから起動できない。
RAID0の80GB 2台を起動ディスクにする前は、60GB HDDを1台でAEC-6860Mにつないで起動ディスクにしていた。このディスクを内蔵IDEバスにつないでみると・・・なんと、ベージュG3の8GBの起動ディスクの呪いのせいで起動できない orz もちろんこの60GB HDDをAEC-6860Mに繋げば起動できるのだが、それでは80GB 2台の修復ができない。

・Mac OS 9での起動
Mac OS Xで起動しようとするとOpenFirmwareのエラーが出るが、Mac OS 9では起動できるので、ダメ元でDiskFirstAidを試すが途中でタイプ25のエラーで落ちる。メモリ割り当てを増やしてもダメ。DiskWarrior 2で修復しようとすると、壊れ方がひどいので修復できないと言われる。

ということで、80GB×2 RAID0の修復は諦めて、60GB HDDを起動ディスクに戻すことにした。もともと60GB HDDを起動ディスクにしていたときは、外付けのUSB HDD(250GB2 160GBの2台)にデータを置いていて、80GB×2にしてもiTunesのデータを起動ディスク側に移した以外は使い方を変えていなかった。USB HDD側のiTunesのデータフォルダは毎週バックアップとして起動ディスクのものと同期させていたので、多分そのまま使えるはず。もちろんメールなどのバックアップも毎週撮ってあり、今回は前日の分までのバックアップがある。

80GB HDD×2を取り外して60GB HDDを戻し、メールのファイルをバックアップから手動でコピーして、ついでにfreshclam.confを直してやったら完全に使える状態に復帰した。このHDDを外したのは半年前だけど、その間にあったソフトのアップデートはAudacity 2.0.2→2.0.3とclamav 0.97.7→0.97.8とVL GothicやMiguフォントぐらい。あ、MoboフォントやMogaフォントも追加したな。Tiger/PPCで使えるソフトは、もうほとんどアップデートされていない。

RAID0から通常の1台体制にして速度が落ちるかというと、xbenchによるディスクパフォーマンスは変わらない。転送速度はAEC-6860MやG3の限界のようだ。ディスクのシークタイムは60GBの方が80GBより速いので(それぞれ9msと12ms)、体感としてはレスポンスが若干向上した。

ここで、潰れたノートPCから回収した64GB SSDを2.5インチ→3.5インチ変換ケーブルを使って取り付けてみようと思いついた。せっかく前回安定して動作するケースを見つけたのだが (^_^;)
今はUSB 2.0のケースに入れてMacBook Proの予備起動ディスクにしてあるけど、予備起動ディスクとしては元々80GBのがあるし、USB 2.0じゃSSDの速さが何も活きない。G3に積んでも大きなファイルの転送速度は変わらないだろうけど、ランダムアクセス性能やシークタイム(SSDならほぼ0かな)、128MBの大容量キャッシュでG3の極限の性能になるかも。

|

« SonnetCacheをアップデートしたら | トップページ | PowerMac G3 SSD換装計画 »

Mac OS X」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベージュPowerMac G3の起動ディスクの破損:

« SonnetCacheをアップデートしたら | トップページ | PowerMac G3 SSD換装計画 »