« Excel 2003のファイルを2007で開いたらテキストボックスの文字に影が | トップページ | ファイルサイズの監視とバックアップとリストア »

2013年6月22日 (土)

Windowsのスタートアップフォルダの項目の起動時にエラーが

Windowsにログインした時に実行されるスタートアップフォルダ内のソフトが、たまにエラーで異常終了することがある。タスクトレイにアイコンを登録するものがダメなことがあるようで、タスクトレイへの登録が4秒以内に完了しないとタスクトレイにアイコンが表示されないという制限(?)に関係しているのかもしれない。ログイン直後はサービスが立ち上がったりしてシステムが忙しいので、登録が間に合わないというのはありうる話だと思う。

対策としてはスタートアップに登録してあるアイコンを全てバッチファイルからの起動に変更し、バッチファイルにはソフトを起動する度にpingで少し時間間隔を開けるようにしてみた。スタートアップにはこのバッチファイルだけ登録する。このように変更してからは、スタートアップ(に登録していた)ソフトが立ち上がるときにエラーで落ちることはなくなった。

|

« Excel 2003のファイルを2007で開いたらテキストボックスの文字に影が | トップページ | ファイルサイズの監視とバックアップとリストア »

Windows」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Windowsのスタートアップフォルダの項目の起動時にエラーが:

« Excel 2003のファイルを2007で開いたらテキストボックスの文字に影が | トップページ | ファイルサイズの監視とバックアップとリストア »