« Internet Explorerのスタートページがinbox.comになってしまいInboxツールバーが追加された | トップページ | Intel Mac版LibreOffice 4.0.xの言語パックのインストール »

2013年3月 2日 (土)

C:\WINDOWS\SYSTEM32\CONFIG\SYSTEMが存在しないかまたは壊れている

同僚のノートPCの障害。
Windows XPの起動時に「C:\WINDOWS\SYSTEM32\CONFIG\SYSTEMが存在しないかまたは壊れている」というメッセージが表示され、PCが起動しなくなった。直前のログイン時にPCがフリーズし、強制的に再起動した時のこと。

Micosoftのサイトに記述されている正式な修復手順は、回復コンソールでPCを起動し、C:\WINDOWS\repairフォルダに有る修復用のレジストリファイルをコピーして使うこと。

このPCは回復コンソールをインストールしていないので、このPC単独では修復できそうにない。幸い、起動ディスクは単体でUSBドライブにもなるBuffalo製のSSDなので、別のPCに接続してC:\WINDOWS\repair\systemをC:\WINDOWS\System32\config\にコピーして復旧することができた。

回復コンソールをインストールしていない場合(大抵の人はそんなものの存在も知らないと思うけど)、HDDを外付けケースに入れて別のPCでファイルのコピーをしてあげる必要があるということだな。LinuxのライブCDで起動して、というのも思いついたけど、NTFSに対して書き込み操作ってできたかな?

|

« Internet Explorerのスタートページがinbox.comになってしまいInboxツールバーが追加された | トップページ | Intel Mac版LibreOffice 4.0.xの言語パックのインストール »

Windows」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: C:\WINDOWS\SYSTEM32\CONFIG\SYSTEMが存在しないかまたは壊れている:

« Internet Explorerのスタートページがinbox.comになってしまいInboxツールバーが追加された | トップページ | Intel Mac版LibreOffice 4.0.xの言語パックのインストール »