« Excel 2007終了時のエラー | トップページ | C:$Secureが壊れていて読み取れません »

2013年1月12日 (土)

ハードディスクの破損

職場の隣の席の同僚が使っていたPCのハードディスクが壊れた。STOP: C0000218 Unknown Hard Errorというブルースクリーンエラーが出る。Windowsのシステムレジストリが読めない、というエラーも出ている。GPartEd Live CDで起動したら、ハードディスクに不良セクタがあるという表示がでていた。

マシンは5年ほど使用したWin XP機。Core2Duo 2.66GHz, RAM 4GB, GeForceのビデオカード搭載で、6年半前に買った私のマシンPen D 2.8GHz, RMA 4GB, チップセットのグラフィックスと比べるとかなり速い。予算もないことなので、ハードディスクを買ってきて修復ということにする。

私のマシンは1年ぐらい前にハードディスクが壊れてしまったのだが、どちらも同じメーカーの、ちょっと違う型番の160GBのドライブで、この頃のディスクは5年ぐらいが寿命なのだろうか。私のマシンの時も不良セクタがあってファイルが読めなくなった。

とりあえずPCショップでSeagateの1TB HDDを購入した。私のマシンに入れたHGST 1TB HDDに比べると、バッファが倍の64MB、最大メディア転送レートも1.5倍の210MB/sとかなり速くなっている。でも値段は半分ぐらい。

Windows XPをインストールして、使用者がWindows付属のバックアップソフトで取っていたバックアップから復元を試みるが、文書のみのバックアップで環境やソフトまでは復元されなかった。ううむ、完全なバックアップを取っておけばよかったのに(ちゃんと戻るかどうかわからないけど)。

別の人のアイデアで、ディスクまるごとコピーを行い、システムレジストリを何とか修復してみたらということになったのだが、EASEUS Disk Copyでのコピー中、1000個程のRead Errorが出てきた。1ファイル中に何セクタも不良セクタがある可能性はあるにしても、かなりの数のファイルが死んでいるんじゃないかな (^_^;)

結局、Windows XPをもう一度綺麗にインストールし、計算機室で業務用ソフトをインストール、バックアップから文書の復元ということに。

自分のマシンは、前回のHDDの故障以来Crystal Disk InfoでSMART情報を監視するようにしていて、不良セクタの代替処理の状況をチェックしているのだけど、今度は同僚のマシンにも入れておこう。ただ、今回のはだんだん不良セクタが発生してきたと言うよりは、いきなり多数発生したという気がしなくもないのだが。

MacならTime Machineから復元できて楽ちんなのになー、と思ったのであった。

|

« Excel 2007終了時のエラー | トップページ | C:$Secureが壊れていて読み取れません »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Windows」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハードディスクの破損:

« Excel 2007終了時のエラー | トップページ | C:$Secureが壊れていて読み取れません »