« PowerMac G3の環境復元 | トップページ | Excel 2007終了時のエラー »

2012年12月29日 (土)

年末のパソコンメンテ

年末なので、パソコンのメンテナンス。

Macの全ディスクをディスクユーティリティーで修復。今回はPowerMac G3の外部ディスクの1代で修復が必要だった。他は問題なし。ディスクユーティリティーでのチェックは、最低でも月に1度行なっている。
MacBook Proを外部ディスクで起動してDiskWarrior 4.4でディレクトリの再構築。特に問題なく終了。これは数カ月に1回は実施している。PowerMacの方は起動できる外部ディスクがないのでパス。

MacBook ProとPowerMac G3に対して、Onyxでメンテナンスと掃除の項目を片っ端から実施。これは年に1〜2回かな。

Mountain Lionが入っているMacBook Proの内蔵ディスクをTimeMachineで外部ディスクにバックアップ。と言っても外部ディスクをつないでしばらく放置しておくだけ。これはほぼ毎日実施。
PowerMacの方は2台ある外部ディスクに、iBackupを使ってシステムやアプリケーションの設定とiTunesライブラリのバックアップ。文書類はMacBook ProをメインにしているのでPowerMacの方には置いていない。さすがにTigerなので大事なものを入れておくのには不安がある。

Lubuntu 12.04が入っている家のノートはアップデートマネージャーでアップデートをかける。
その後バックアップ用ディスクをつないでhome下にある自分のホームディレクトリをコピー。
こちらの方は立ち上がらなくなったりしたらOSを再インストールして自分のホームを戻せばよしとしているので他にやることはない。バックアップソフトを使っても、OSの再インストール後に同じバックアップソフトを探してきてリカバリするのが面倒くさい。というか、何をインストールして使っていたのか、使用頻度が低いマシンんなので思い出せない (^_^;)

職場のWindowsはMicrosoft Updateでシステムの更新を確認し、1件の更新があったのでインストール。再起動時にチェックディスクを走らせる。デフラグは先月かけたからしばらくかけなくていいな。

MacBook Pro, WindowsともにFirefoxにプラグインやアドオンの最新版チェックをさせて、全て最新であることを確認。

|

« PowerMac G3の環境復元 | トップページ | Excel 2007終了時のエラー »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Windows」カテゴリの記事

Mac OS X」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年末のパソコンメンテ:

« PowerMac G3の環境復元 | トップページ | Excel 2007終了時のエラー »