« 不良セクタのチェック | トップページ | MacType 20121022版 »

2012年10月27日 (土)

MacBook Air 11" (2010)のトラブル—Windows 7SR1 64bit版

出張中にまたまたMacBook Air 11" (2010)のWindows 7SR1 64bit版が立ち上がらなくなった。

ログイン画面にたどり着く前後で、突然再起動がかかってしまう。以前のようにSMCをリセットしないと電源が入らなくなることもあったが、SMCのリセットが不要なときもあり、再現性に乏しい。

一瞬ブルースクリーンが表示されることもあるので、起動時にF8キーを押してメニューを表示し、障害時の自動再起動を停止させてから通常起動してブルースクリーンを確認。

ブルースクリーンに書かれていることによると、SRTSPL64.SYSがPAGE_FAULT_IN_NONPAEGED_AREAというエラーを出しているそうな。

SRTSPL64.SYSをググると、Symantec Endpoint Protectionのコンポーネントだとのこと。対処法は、セーフモードでスタートアップに1つ、サービスに4つあるSymantec Endpoint Protection関連の項目をすべて停止してから通常起動し、Symantec Endpoint Protectionのアンインストール→再起動→インストールを実施とある。

上記の通り作業して無事復帰。Symantecでのトラブルはこれで何度目だろう (i_i)

|

« 不良セクタのチェック | トップページ | MacType 20121022版 »

Windows」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MacBook Air 11" (2010)のトラブル—Windows 7SR1 64bit版:

« 不良セクタのチェック | トップページ | MacType 20121022版 »