« iTunesライブラリの統合と整理 | トップページ | キーボードを替えた »

2012年9月29日 (土)

USBハブがおかしい

PowerMac G3にサンワサプライのUSB-HUB220WHというUSBハブをつないで使っている。

このハブに16GBのUSBメモリを差し込んで700MBほどのファイルをコピーしようとしたら、途中で止まってしまう。コピーのキャンセルも出来ないのでFinderを強制的に再起動。

ディスクユーティリティーでUSBメモリを消去すると、パーティションの作成でものすごく時間がかかる。それでも初期化が終わったので再度ファイルコピーするとまた止まる。

USBメモリが壊れたのかと思って、念のためMacBook Proでこのメモリを使ってみると問題なくファイルのコピーができた。とすると怪しいのはUSBハブ。

LOAS製の別のUSBハブに変えたら、問題なくファイルのコピーができるようになった。以前はサンワサプライのハブでも問題なかったので、この夏の暑さで壊れたかな。

このUSBハブはセルフパワーのバスなのだが、ハブからMac側へ電源が逆流するというとんでもない作りになっている。うちの個体が外れというわけではなく、この製品が外れらしい。

|

« iTunesライブラリの統合と整理 | トップページ | キーボードを替えた »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

ebayで送料込み500円で中国からACアダプタ付のハブを買いました。分解して基板を見てみるとUSBの入力の電源とACアダプタの入力が直結されていました。これは逆流するだろうと思い驚いて、検索をかけてみると有名ブランドの物でもあるんですね。USB入力の電源をカットして、アダプタからの電源専用にしようと思います。

投稿: しまけん | 2013年1月 9日 (水) 16時17分

しまけんさん、コメントありがとうございます。

うちの問題のUSBハブは、検索をかけるとほかにも気がついている方がいるようで。

うちのマシンでも電力が逆流して、パソコン本体の電源を切ってあっても内蔵のZIPドライブやフロッピードライブから音がしたりしていました。

サンワサプライは国内ブランドでも、設計/製造は中国の会社まかせなんでしょうね。

投稿: yish | 2013年1月 9日 (水) 18時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: USBハブがおかしい:

« iTunesライブラリの統合と整理 | トップページ | キーボードを替えた »