« Mountain Lionで改善されたこと | トップページ | iTunesライブラリの統合と整理 »

2012年9月15日 (土)

PowerMac G3の起動ディスクの修復

ベージュPowerMac G3の起動ディスク(システムはTiger)のチェックをするために、Command + Sキーを押してシングルユーザーモードで起動した。いつもどおりfsckをかけたら、途中でエラーが出てfsckが終わってしまう。

こんなにディレクトリが破損するほどシステムをこかしたことが最近あったかなー?と思い返してみても心当りはない。最後にfsckを手動でかけたのは7月だったか? いつもは問題なく終了していたのだが。現状でも一応システムは起動して使えるけど、使い続けるのは怖いので修復することにする。

PowerMac G3の起動ディスクを修復するにはDiskWarriorしか手がないのだが、現状では他に起動できるディスクがない。3GBの外付けHDDに予備の起動システムを入れてあったけど、PowerMac G3のSCSIコントローラが死んでいるようで、SCSIの外付けディスクを認識しない。手持ちのDiskWarriorのCDはPantherが入っているけど、ベージュG3はPantherでは起動できないのでCDからは起動できない。JaguarのインストールCDはあるので、これでたちあげてDiskWarriorをUSBフラッシュドライブに入れて起動してやればいけるのかな・・・JaguarのインストールCDで起動した時にPCIバスにさしたUSB IFカードは使えたっけ?

と悩んでいてもしかたがないので、ベージュG3からHDDを取り出し、普段ベージュG3につないでいる外付けHDDの中身と入れ替える。これをMacBook ProにつないでDiskWarriorで修復・・・無事終了。HDDを戻してベージュG3の起動も確認。古いマシンのメンテは面倒だな。

|

« Mountain Lionで改善されたこと | トップページ | iTunesライブラリの統合と整理 »

Mac OS X」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PowerMac G3の起動ディスクの修復:

« Mountain Lionで改善されたこと | トップページ | iTunesライブラリの統合と整理 »