« SMARTエラーが出たハードディスク | トップページ | MacType »

2012年6月23日 (土)

Windows 7の復元が大活躍

今度は東芝DynabookのWindows 7 Home Editionが起動中に止まるという障害に出くわした。持ち主が数日間苦闘した後に「何とかならないか」と持ってきたもの。

通常起動では「Windowsを起動しています」のメッセージが出たまま止まってしまうが、セーフモードでは起動できる。

起動時にWindows 7の「システム回復オプション」が表示され、選択肢の一番上にある「スタートアップの修復」を実行したが、修復に失敗してしまう。

次の手段として復元ポイントを用いた回復を試みた。
セーフモードで起動し、管理ツールでシステムのログを見る。エラーが多数記録され始めた日時を探して、メモを取る。今回はネットワークドライバがおかしくなったようで、DHCPやTCP/IP関係のエラーが立て続けに出ていた。
次にシステムの復元で、エラーが出始める前の時点の復元ポイントに戻す。

という手順でコンピュータを動作させることができるようになった。ネットワークドライバのレジストリが壊れていたのかな?

|

« SMARTエラーが出たハードディスク | トップページ | MacType »

Windows」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Windows 7の復元が大活躍:

« SMARTエラーが出たハードディスク | トップページ | MacType »