« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月26日 (土)

ClamXav SentryがclamAVを見つけられないと言う

TigerのPowerMac G3のClamXav Sentryが、スキャンエンジンが見つからないというエラーメッセージを出して立ち上がらなくなってしまった。/usr/local/ClamXav/binにはclamAVがちゃんとインストールされているのだが。

ClamXavを起動すると、こちらもclamAVを見つけられずにスキャンエンジンをインストールするかと尋ねてくるので、そのままインストール。

インストールが完了しても、ClamXavはスキャンエンジンを見つけられないまま。

手元のTiger用ClamXavがバージョン2.2だったので、Tigerで動く最終版の2.2.1をダウンロードし、ディスクイメージの中にあるREMOVE_engine.commandを実行。続けてClamXav 2.2.1を起動してスキャンエンジンのインストール。今度はClamXavもSentryもclamAVを認識している。

これでインストールされるclamAVは0.97.1と古いので、clamav-update.plをインストールし、こいつを実行して最新版へアップデート。

突然clamAVを認識しなくなったのは未だに原因不明だが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月19日 (土)

MacBook AirのWindos 7が起動しなくなった

MacBook Air 11"(2011)のWindows 7が起動しなくなってしまった。BootCampでインストールしたWindows 7 Professional 64bit版を起動しようとすると、ログイン画面に辿り着く前にスクリーンがブラックアウトし、電源が切れてしまう。その後、電源ボタンを押してもMacBook Airが起動しなくなるのには驚いた。

control + shift + option + 電源キーの同時押し / 同時離しでSMCをリセットすると起動する。その後普通にWindows 7を起動しようとすると、同じように勝手に電源が切れ、SMCのリセットが必要になってしまう。

Windows 7はセーフモード、セーフモードとネットワークでは起動できた。システムのログを見るとDriver¥WUDFRdの読み込みに失敗したというのが最初に出ているエラーで、その後山のようにエラーが出ている。

セーフモードからコントロールパネルの復元で3日前の状態に復元したところ、正常起動できるようになった。3日前の最後の使用者は私ではなかったのだが、システム終了時になにか起こったのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月12日 (土)

突然意識を失うハードディスク

PowerMac G3の起動ディスクとして、以前はIBMの250GB ATA133ディスクをPCIスロットに挿したATA66カードにつないで使っていたのだが、使用中にディスクが突然意識を失ってしまい、結果としてMacがフリーズしてしまうことが頻発した。

現在は、250GB HDDの前に使っていた60GBのHDDを起動ディスクとして、250GBのHDDは外付けケースにしてUSB接続で使っているが、250GBのディスクは何かのタイミングで読み書きの最中に止まってしまう。HDDの電源を切って入れなおせば普通に認識し、一旦読み出しに失敗したファイルも読みだすことができ、メディアの不良というわけではなさそう。

手持ちの3台のケースを入れ替えて試した感じだと、電源の容量が大きいケースだと比較的安定している感じ。とりあえず電源の出力電流が一番大きなケースに入れて使っている。それでもたまに止まるけど、頻度は減った感じ。電源の出力電流は最大2A、HDDの消費電流は700mAなんだけど。

このディスクも常用するには安定性にかけるので、ちょっと困ってしまう。とりあえず物置に使っているけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 4日 (金)

lubuntu 12.04へのアップグレード

NEC LaVie LL700/6のlubuntu 11.10を12.04へアップグレードした・・・と言うか、結局新規インストールになったのだが。

前回無線LANでアップデートをしようとしてうまく行かなかったことを反省して、今回は有線LAN接続でアップデートを行った。のだが、インストールの途中で有線LANポートをシステムが見失ってインストールが止まってしまった。
インストールの中断やキャンセルが出来なかったので、電源を強制切断した。起動してみると一応lubuntu 12.04で起動し、未適用のアップグレードを自動で開始した。一通り終わってシステムを起動し直すと、システム関連のエラーが多数でる。
さてはシステムのどこかが壊れたかと思い、Macでlubuntu 12.04 Alternate CDをダウンロードしてCD-Rに焼いてシステムを新規にインストールすることにした。

こちらのインストールは問題なく進み、システムを再起動すると・・・前と同じようにシステム関連のエラーが多数出る (‥;) lubuntu 12.04ってこんなに不安定なのか?

その後アップデートマネージャーでアップデートをかけたら、だんだん安定してきた。

さて、キーボード配列をDvorak配列にしないと使い物にならないので、前回と同じようにDvorak化を行う。前回はUbuntu 11.10にlubuntuを入れたのでgeditを使えたが、今回はテキストエディタとしてleafpadを使った。

参照先にあるように、/usr/share/X11/xkb/にあるsymbols/jp, rules/evdev.xml, rules/evdev.lstを編集する。LXTerminalを起動し、以下のコマンドでファイルを開いて編集作業をする。

sudo leafpad /usr/share/X11/xkb/symbols/jp
sudo leafpad /usr/share/X11/xkb/rules/evdev.xml
sudo leafpad /usr/share/X11/xkb/rules/evdev.lst

lubuntuだとUbuntuにある「キーボード」が無いので、11.10の時は

sudo dpkg-reconfigure keyboard-configuration

でキーボード配列を指定した。lubuntu 12.04でも同じようにしたのだが、キーボード配列リストにdvorakが現れない。
仕方が無いので、/etc/default/keyboardを直接変更する。
sudo leafpad /etc/default/keyboard
でファイルを開き、

XKBMODEL="jp106"
XKBLAYOUT="jp"
XKBVARIANT="dvorak"
XKBOPTIONS=""

をファイルに記入する。

再起動すると無事にDvorak配列となった。

ついでに、
http://www.ubuntulinux.jp/japanese#usage
をみてJapanese Teamのパッケージリポジトリを追加する。
リポジトリを追加するとLubuntu Software Centerにたくさんのソフトが追加される。

Ubuntu 11.10にlubuntuを追加インストールした時よりも、lubuntu 12.04をクリーンインストールした方がメモリの消費量が少なく、キビキビ動いている感じがする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »