« lubuntuにしてみた | トップページ | 起動ディスクの残りが3GB »

2012年3月24日 (土)

起動しなくなったPC

仕事場でのこと。某工程からパソコンが起動しないので見てほしいとの依頼が。

ものは購入して1年程度の某特注品PCショップのもの。いちおう産業用PCの作成/販売を行っているところらしい。

症状としては、PC起動時にBIOSが起動ディスクを見つけられないというもの。起動ディスクはARAID3500というRAID1で2台のディスクをミラーリングしているユニットで、ARAID3500のステータスはHDD  2台ともOKとなっている。これは前に書いたHPのマシンのようなPCI ExpressのSAS IF RAIDカードなんてものではなくて、直接ロジックボードのSATAにつながるもので、ロジックボードからは普通のHDDの様に見えるはずだ。

BIOSからはSATA1に何もつながっていないように認識されている。SATA2にはDVDドライブがある。

ケースをあけて、ドライブ側とロジックボード側のSATAコネクタを抜き差ししてみたら、起動できるようになった。単なる接触不良だった模様。というか、このSATAケーブルにはロック用の金具がついていない。光学ドライブの方のケーブルには付いているので、ショップの付け忘れかケーブルメーカーの付け忘れ?

PCが置いてあるのは精密な部品の検査工程で、そんなにひどい環境ではないのだけど。使用者が言うには、時々動作が不安定だったとか。また、PCを別の部屋へ移動させたりすると起動しなくなることがあったらしい。最初から接触不良だったのかな。米国の某大手PCメーカー品を数十台一度に購入したら、HDDのケーブルが最初から刺さっていなかったなんてこともあったので、こんなこともあり得るかな。

|

« lubuntuにしてみた | トップページ | 起動ディスクの残りが3GB »

Windows」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 起動しなくなったPC:

« lubuntuにしてみた | トップページ | 起動ディスクの残りが3GB »