« lame 3.99リリース | トップページ | iTunes-LAME / iTunes 10.5 / Lion »

2011年10月29日 (土)

MacBook Air 11" 2011 にWindows 7をインストール

会社でグループ内打ち合わせや出張に使うための小型ノートPCを購入した。

当初はDellとHPで機種選定していたのだが、上司に見積もりを見せて話をしている横でMacBook Airの11インチと13インチを開いている者がいて、その薄さに上司の目が釘付けに。結局MacBook Air 11"を購入することに。
DellやHPの非AtomノートPCだと1.4〜1.6kgになるので、1.06kgのMac Book Airになってラッキー、かな。
スペックはCore i7 1.8GHz, RAM 4GB, SSD 256GB。オプションでMacBook Air用光学ドライブとMagic Mouse、DVIとVGAの各ディスプレイアダプタ、USB LANコネクタも買う。

さて、会社ではWindows環境が標準なので、さっそくBootCampでWindows 7をインストールする。それにしても、Win7 Professional Editionって3万円以上もするのか。Lionなんて3000円しないのに。

ユーティリティフォルダにあるBootCampアシスタントを起動し、指示されるままに追加のドライバを適当なCD-Rに焼く。その後WnidowsのインストールDVDに差し替え、インストールを行う。インストールが終了し、Windows 7でMacを立ち上げ、BootCampで作っておいたドライバCDをドライブに入れると、インストーラが起動してドライバをインストールできる。

さて、Windows 7でどれだけメモリを認識できているかとタスクマネージャを起動してみると、2216MBの表示になっている。ディスプレイドライバのプロパティでビデオメモリの使用量を見ると0.9GBほど使ってくれている。社内用ソフトに64bit非対応のものがあるので、どうしても64bit版が必要でない限りは32bit版Windowsをインストールしろ規定があるので、32bit版をインストールしたためこんなことになるのである。ビジネス用パソコンはたいていビデオ周りは貧弱だろうから、ここまで悲惨なことになるマシンは少ないのかもしれないけど。このMacBook Airには32bitでないと動かないという社内ソフトはインストールしないので、コンピュータの管理部署に確認して64bit版Windows 7をインストールすることにした。やれやれ。

64bit版Windows 7では4GBのRAMをフルに使うことができる。BootCampのドライバのお陰で、MagicMouseも専用光学ドライブも使える。Windows側では、Macを起動後に毎回マウスのボタンをクリックして認識させないといけないのがちょっとだけ面倒。デバイスマネージャを見ると内蔵FaceTimeカメラも認識されているので、多分使えるんじゃないかな。

Windows 7のMS-IMEの設定で、「かな」キーでIMEオン、「英数」キーでIMEオフとなるようにしておく。MacBook Airの日本語キーボードには「半角/全角」キーが無いので、この設定をしておかないとIMEのオン/オフがキーボードからできない(みたい)。

盗難に備えて、EFIファームウエアパスワードを設定する。仕事用のWindows環境を保護するため、通常起動はOS Xにしておき、WindowsへはEFIファームウエアパスワードをクリアしないと行けないようにする。OS Xの方もログインパネルはユーザー名とパスワードの両方を入力するようにしておく。

10.7.2でiCloudを設定して「Macを探す」を有効にしておく。これで万一盗難にあっても追跡ができる。

|

« lame 3.99リリース | トップページ | iTunes-LAME / iTunes 10.5 / Lion »

Windows」カテゴリの記事

Mac OS X」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MacBook Air 11" 2011 にWindows 7をインストール:

« lame 3.99リリース | トップページ | iTunes-LAME / iTunes 10.5 / Lion »