« UbuntuでUSB無線LAN子機 | トップページ | Ubuntu環境の整備 »

2011年9月24日 (土)

Lotus Notesが前回終了時のウインドウ位置・サイズを忘れる

Lotus Notes 8.5.2 (Windows版)が前回終了時のウインドウ位置・サイズを忘れることがたまにある。

ググッてわかったことは、notes.iniの中に空白文字で区切られた複数の値を持つ行に隣接して日本語の文字列の値を持つ行があるとそれ以降がちゃんと読み込まれないということらしい。実際にnotes.iniを編集して、日本語の値を持つ行の前後に空白文字で区切られた複数の値を持つ行がないように並べ変えてやるとちゃんと記憶されるようになる。

とは言え、添付ファイルの保存先やブックマークの作成先等、notes.iniに記録される値に日本語の値が含まれることは多々あるわけで、notes.iniの内容の順番がどうやら時々変わっているらしいことから、今後も不定期的にこの問題は発生する予定。今までも不定期に発生したり直ったりしていた訳だが (^^;) 仕様がバグってるんじゃないのか?>Lotes Notes

|

« UbuntuでUSB無線LAN子機 | トップページ | Ubuntu環境の整備 »

Windows」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Lotus Notesが前回終了時のウインドウ位置・サイズを忘れる:

« UbuntuでUSB無線LAN子機 | トップページ | Ubuntu環境の整備 »