« PowerMac G3 266DTにTigerを4 | トップページ | PowerMac G3 266DT/TigerでのUSB 2.0 »

2011年7月 2日 (土)

PowerMac G3/266DTにTigerを5

USB2.0のIFカード経由でHDDをぶら下げているのだが、どうも不安定。読み書き中にいきなり外付けUSBを見失ってしまうことがある。ネットを検索したらこちらの記事に行き当たった。

結論としては「Mac OS のUSBマスストレージドライバ(IOUSBMassStorageClass.kext)にバグがあるため。」で、HDDとの組み合わせでは問題が出ないこともあるということらしい。MacOS X 10.4.11 のPower PC版では、IOUSBMassStorageClass.kextのバージョンが1.4.5でバグがあるままなのに対し、Intel版ではバグフィックスされた1.4.7になっているらしい。ううむ。

たしかに、3.5" IDE用HDDケースGROOVY IDE-CASE3.5SLとPCI USB2.0カード玄人志向 USB2.0N6P-PCIの組み合わせでは問題なかったのだが、ケースをSYBA Versaというものに換えたら問題発生。いまはFirewire/USB2.0コンボカードに替えたけど、このケースだと相変わらず問題がある。IDE-CASE3.5SLの方はHDDを入れ替えてテストするのが面倒なので試していないけど。

もともと非力なPowerMac G3なので、なるべくCPUの負荷を減らすためと、転送効率を上げるためにFirewire/USBのコンボカード使うようにした。用意したのはmathey MFU2C-34。

このUSBで問題があるHDDケースはFirewire/USBのIFを持っているので、Firewireで接続。これなら安心して使える。

このHDDをPCIバスのATA66 IF経由でつないでいたときと、USB接続にした時と、Firewire接続にしたときのxbenchの結果を載せておく。ランダムアクセスの結果はあまり変わらなかったので、シーケンシャルアクセスの結果のみ、MB/sの値で。

接続                          ATA66  FireWire  USB2.0
Uncached Write[4K blocks]     43.07   17.48     15.63
Uncached Write[256K blocks]   44.08   17.24     15.36
Uncached Read [4K blocks]     10.52    6.83      1.30
Uncached Read [256K blocks]   48.78   36.57     15.52

ATA66接続には全然かなわないけど、USBよりは速いな>Firewire。

|

« PowerMac G3 266DTにTigerを4 | トップページ | PowerMac G3 266DT/TigerでのUSB 2.0 »

Mac OS X」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PowerMac G3/266DTにTigerを5:

« PowerMac G3 266DTにTigerを4 | トップページ | PowerMac G3 266DT/TigerでのUSB 2.0 »